ペンポイント・イリジウム・イリドスミンとは?

ペン先にはステンレス、金、プラチナなど様々な金属が使われています。

それは万年筆だけでなくGペンや付けペンにも共通することでしょう。

しかし、万年筆は、Gペンや付けペンのように使い捨てるものではありません。それはなぜか。

万年筆のペン先はほかのペンのペン先とは異なり、非常に硬い金属(ペンポイント)がペン先につけられているからです。

ペンポイントは基本的にイリジウムという非常に硬い金属を主成分に作られています。

イリジウムも紙にあたることで、若干削れてしまいますが、他の金属とは比べ物にならないほど削れません。ということで、万年筆のペン先は長持ちするのです。

またこのペンポイントの形状、大きさを変えることで、書き味は大きく変わりますし、また字幅を決める要因になります。

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)