ペンケース・革製品

2010年5月10日 (月)

一本挿しブラウンペンケース

Dsc02759

先日一本挿しのペンケースを見かけて、思わず買ってしまいました。

革を二枚張り合わせたシンプルなもの。

暖かそうな、やわらかなスエードとステッチがなかなか似合っています。

一本挿しのこういったケースはさまざまありますが、これはお買い得で700円ほど。

価格の割には満足いくつくりで、お気に入りの一本を持ち歩くためには十分と思います。

写真のペンは、マイスター146。149を入れるのは厳しそうですが、ルグランサイズはうまく入ります。

http://www.artisan-shop.jp/artisan/intro.phpのメーカーの製品のようですが、これは載っていませんので、廃番ということでしょうか。

こういったシンプルな一本挿し、ひとつはほしかったので大満足です。

スマートに一本を持ち歩く。そんなことが必要なときもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

ダヴィンチ・グランデ コードバン手帳 2

Dsc02722_2 昨日に引き続き、手帳の話題です。

黒いコードバンを開いたところを紹介したいと思います。

御覧の通り、内側はやさしい色合いの牛革です。

ベージュの色合いが革製品らしい品の良さをかもしだしてるなぁと思います。

また外側のつやのある黒と映えて、魅力的。

この内側の革、これから使い込んでいくとどのような風合いに変化していくのでしょう。

楽しみな限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

ダヴィンチ・グランデ コードバン手帳

Dsc02720 今回はレイメイ藤井の手帳、ダヴィンチ・グランデ コードバンを紹介します。

なんといってもこの手帳のポイントは、コードバンを使っているということ。

ご存知の方も多いかも知れませんが、馬の尻部中心のこの革は、非常にかたく艶のあるもの。

やはり、一度はコードバンを持ってみたいと、手帳を選びました。

持ってみるとやはり、他の革とは違った質感があります。

つるつるした外側の上品な質感は何物にも替え難い!

そして、ペンにはファーバーカステルのシャープペンシルを使うことにしました。すっきりとしたペンが手帳にあっているように感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

midori ソフトペンケース

Dsc02541 前々から気になっていた、

ミドリのソフトペンケースを紹介しましょう。

何がソフトかといえば、素材です。

やわらかいゴムのような素材で、握りつぶすこともできてしまいます。

コンパクトでかわいらしく、これからペンケースとして、画材いれとして役立ってくれそうです。

写真のようにペンと比べてみると、サイズがお分かりいただけるでしょう。

色もさまざまありまして、店頭で見かけたのは、水色やベージュなどでした。

Dsc02542

あけてみるとこんな感じです。

中にはもちろん仕切りなどありませんので、実際にこうやって使うと、デュオが傷だらけになてしまうかもしれません…

ということで、使うときはもうちょっと軽いものを入れることにしましょう。

とりあえずレシーフには似合いそうで満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

ペンケースを並べて

Dsc02537

新生活に向けての準備の月、3月。ペンケースも使い分けたいなぁと思い、今あるペンケースを並べてみました。

もちろん写真のもの以外にもパイロットの40本挿しケースやプラチナの三段になったケースなどありますが、さすがに毎日持ち歩けるわけがない(大きさだけでなく、金額的に一財産持ち歩くことになってしまいます)ので除外。

とすると5つになりました。

左から、

・モンブラン4本挿し

・モンブラン1本挿し

・カンガルー革ペンケース

・ファスナー付き革ペンケース

・パーカー2本差し

となりました。日ごろから使い分けているこの5つですが、新生活どれでいきましょう。

もちろん服装や雰囲気で切り替えていけばいいと思います。

ですが、比較的こういうペンケースは重い雰囲気なので、今度はまた違った雰囲気のミドリのペンケースを新しく購入してみようかと思っています。

大学生になったらどのくらいの本数の筆記具を持ち歩くか…それも大きな問題ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

プラチナ 26x3ペンケース

Dsc02304 プラチナのペンケースです。

ペンケースというよりは、ペンバッグというかなんというか…。

これまた古いお店で見つけてきました。

きっと、営業の方なんかはこういうもので持ち歩くのでしょう。

以前パイロットのものも紹介しましたが、今回は厚みがあって、面積も大きい気がします。

とてもじゃないですが、毎日もちあるいたり、かばんに入れたりできません…

さて開いてみましょう。

Dsc02303

どーんと広がります。

3段になっているのでこうやってばらして広げることができるのですね。

あまり長いペンは入らないのが残念ですが、数はたっぷり入ります。

この写真の場合は、49本。

これならば安心してコレクションを増やせますね…。

しかし、あまりにも増えすぎて将来が危ぶまれる気すらします。

うれしい叫びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

モンブラン ナイトフライト ウォレット4cc

Dsc02213

前回のフェンテで、ある方にいただいたモンブランの財布、「ナイトフライト」の4カードケースモデル

写真は、プラチナラインのマイスターシュテックと合わせました。

以前からいただける話がありまして、今回いただきました!

ナイトフライトという名前のとおり、旅行用に設計されているもので、若干カジュアルな印象を受けます。

今までは、モンブランのマイスターシュテックシリーズのウォレットを使っていましたが、かなり痛んでいましたので、うれしいです。

表面は、シルク13%、レイヨン35%、コットン52%とレザーでできているようです。

このファブリックとレザーのツートーンはかなりスマートなデザインです。

ホワイトスターの周りはシルバー色ですし、現代的なデザインです。

いやぁ、よいものをいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

パーカー2本差しペンケース

Dsc02208 今日は、以前からもっていて、フェンテでもう一つ手に入れた、パーカーのペンケースを紹介します。

今も、パーカーの2本ざしペンケースはありますが、こちらは旧型。

今のように金具がないので中に太いペンを入れても安心。

時代としてはパーカー75くらいの頃らしいです。

写真の奥のケースにはデュオインターと、イントリーグが入っています。

どちら決して細いわけではありませんが、すっきり。

146と145を2本入れておくこともできます。私の持っているインキ止め万年筆もはいりますし、大満足のペンケースです。

またこのベーシックな黒が、なかに入ったペンの大きさと高級感をかもし出してくれるの

で、非常におすすめなケースです。

それにしてもこのケース、合皮か革か見分けがつかないのですが、ご存知の方、お知らせください…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

手帳

Dsc02062 今日は私の愛用の手帳を紹介します。

レイメイ藤井のダビンチシリーズの小さなシステム手帳です。

かなりコンパクトで、いわゆるジャストリフィルサイズ。

結構長く使い込んでいて、革製品ならではのつやが出てきたかなと思っています。

この手帳は非常に便利でお気に入りなので、ずっと使っていたいです。

いつか切れてしまったりしたら修理など出せるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

48本差しパイロットペン…ケース?

Dsc01950 昨日の定例会で、格安で譲ってもらいましたペンケースです。

パイロットの商品紹介用の非売品だと思います。

本体は樹脂でできています。

周りにファスナーがあって、ぐるっとあけると…

Dsc01951

どーん!

とたっぷり入ります!

なにせ48本ですから。146サイズまではぎりぎり入るといったところで、おそらく149は無理でしょう。

しかし、それにしてもすばらしい。このようにペンを入れてみて、気づきました。

マニアの領域へ入り込んだなぁと。(いまさら気づくのは遅いですが

金ペンはおそらく26本。30の壁はすぐにやぶれそうですね。

こんなペンケース(というよりもうバッグ!?)のおかげでまた夢が膨らみます。

このペンケースを埋めてくれる万年筆たち、どんなものにこれから出会えるのでしょうね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧