文具一般

2012年3月21日 (水)

Trystramsのサンプルいただきました!

Dsc01380

 今回、ブログ経由でサンプルをいただく機会があり、試しつつ記事にしたいと思います。

 以前も、サンプリングで類似の製品をレビューする機会があったのですが、今回はノートだけでなく、同シリーズのマルチペンなども合わせていただきました。

 コクヨの製品で、trystramsというビジネス向け文具のブランド群。マルチペンは改めて説明する必要もないかと思います。このセットで一番独特なのは小さなメモパッドと大きなノートの組み合わせ活用法ではないでしょうか。

 このメモパッドは付箋のように張り付くタイプと、複写されるノートの二種類。そして、どれも名刺サイズに切り取ることができ、大きなノートに必要に応じて移し替えていく…という仕組みのようです。

 まだ、これらを開封していないので、開封して個別にも記事を書いてみたいと思います。

 

Smart Work Shop Facebookページ
https://www.facebook.com/smart.w.shop?sk=app_255735907841494

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

電子そろばん その2

Dsc02528

以前紹介したのとは別の電卓を紹介しましょう。

これまたコクヨのもので、KC-30Aという機種のものです。

表示桁数が少ないのですが、文字が流れて表示されるため計算可能な桁数は多いとか。

液晶も、だいぶ現代に近づいて見やすくなっています。

やはりサイズは大きいですが、以前紹介したものよりは持ち歩きやすそうです。

なによりも面白いのが、カウンター機能です。

本体の下の部分に黒いボタンがちょっと見えていますが、これがカウンターボタンです。

カチカチやることで数を数えることができるのです。電卓につけなくても…とも思いますがなかなか面白い機能でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

電子そろばん その1

Dsc02525 今日は、いつもショートタイプ万年筆などを売って貰っている文具店に残っていた、

電子ソロバン

を紹介したいと思います。

電子ソロバンというだけありましてかなり古い電卓でした。

コクヨのKC-80Nというモデルなのですが、おそらく1970年代のモデルです。

液晶が白液晶で、雰囲気よいです。

すこしゆらゆらしながら数字が変わる感じで、楽しいですね。

電池は2本で、ACアダプタも使えるとか。いやはやすごい電卓です。

万年筆はこの当時のモデルでも今と大して変わりませんが、電気製品の進化はすごいものです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

midori Paper Craft

Dsc02327

今日は昨日に引き続きmidoriの製品、Paper Craftシリーズの中から万年筆柄のシールを紹介します。

ペーパークラフトという名のとおり、この製品は一つ一つ手作りで作られているシール。

さまざまな柄のシールがあるのですが、一つ一つにメッセージが。

midoriのHPを見るとひとつひとつかかれています。

また、他にも枠の台紙があるようで、それと組み合わせて送ることができるとのこと。

それにしてもこれまた心あたたまる一品。

midoriと聞くと普通の便箋しか思い浮かばない方もいらっしゃると思いますが、さまざまな紙製品やデザイン文具がそろっているメーカーです。

ぜひ、一度試してみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

midori D-Clips

Dsc02326

今日はデザイン文具メーカーMidoriのD-Clipsを紹介します。

さまざまな形のクリップが作られていて、今回は"馬"です。

写真はMDノートとの組み合わせ。Midoriらしい温かみのある文具"感"を思います。

それにしてもこのクリップ、よくできています。

しっかりと一本の針金をまげて作られていて、実用性もあります。

最近はクリスマス限定版もあるようで、クリスマスツリーやサンタクロースなどの形も販売されているようです。

こういったデザイン文具は、いつもとりあげる万年筆などの重々しい雰囲気とは一味もふた味も違う、やわらかな魅力があります。

気軽なプレゼントとしても洒落ていますし、お勧めの一品です。

それにしてもMDノートといい、こういったデザイン文具といい、Midoriのシンプルな印象を与える文具はすばらしい。

明日はまだ紹介していなかったMidoriのシールを欠きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

レターオープナー

Dsc02220

フェンテのバザーで購入した、レターオープナーを紹介しましょう。

かなりシンプルなデザインです。

金属素材にめっき、そして持ち手はおそらく人工革?でしょう。

機能としてはよく果たしてくれていまして、非常に切れ味がいいと思います。切れ味とはいえ、ペーパーナイフですから折り目にそって破くものですが。

レターオープナーやペーパーナイフの類は、絶対に必要なものではないですが、あると気分のいいアイテムの一つですね。

綺麗な机の上に一つ転がっていたらかっこいいだろうなぁ…

それこそ同じ机に、149とモンブランのボトルインクが一つ。

そんな夢を見られる、レターオープナーでした;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

ISOTレポート8

Dsc01974 今日はISOTの文具検定のブースであたった景品のOLFAのカッターを紹介します。

http://www.bungukentei.jp/file/eindex.asp

かなりコンパクトなカッターなのですが、M厚刃という厚めの刃が入るそうです。

薄物からダンボールまでとのこと。試し切りしてみたいきもしますが、以前友人のカッターを借りた時壊してしまったので、これで返すことにしましょう…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

ISOTレポート7

Dsc01972 今日はおなじみのマスキングテープ、MT。

マスキングテープといえば作業用というイメージがありますが、MTはそれを雑貨にまで昇華した商品。

カラフルで優しい色使いのテープがそろっています。

今回、ISOTでもひときわ目立つブースだったかもしれませんね。

今となっては十分浸透し、人気がある商品だと思います。

さて、こういったもので綺麗にノートなどを彩ったりできるといいのですが、センスがなさそうなので、またあけていません。

眺めているだけでかわいらしい置物になるのでいいのですが、どうしたものか。

ぜひ使ってみたいと思います。

http://www.masking-tape.jp

関係のない話ですが、今、ラミーサファリを改造して本当の"サファリ"ペンにしたいなぁなんて考えてます。

もし、手放しても良いサファリがあって、ネタを楽しんでいただける方がいればご連絡ください!(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

ISOTレポート6

Dsc01953

今回はSnowmanというメーカーを紹介します。

セイコ製作所という日本の企業のものです。初めて聞きましたが、かなり昔からある企業とのこと。

実は海外向けの国産筆記具だったんです。

日本市場にも参入しようということで、今回のISOTでは大きなブースを出していました。

紹介していた方も親切で、サンプルも写真に写っているものすべてで一セット。

油性マーカーとホワイトボードマーカー、そしてラインマーカーと水性ボールペンです。

よくあるものたちといった感じですが、書き味の感想としては、さらっとしてます。

ボールペンもマーカーもどちらにもいえることです。

軽い力でかけて、さらっと乾く、そんな感触でした。

店頭に並んでいるところを見かけたらぜひ試してみてくださいね。

株式会社セイコ製作所 http://seiko-snowman.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

ISOTレポート5

Dsc01947 今日は、ISOTのなかでもノベルティグッズの紹介をしていたところを取り上げたいと思います。

効果的なDMや、ちらし、景品などさまざまなものがありました。

一般消費者からしてみるとまとまってみることはめったになく非常に興味深かったです。

何回かにわたって紹介すると思いますが、今回のものは、このラッキーフォーユー。

十字の切込みからコップいっぱいの水を注いでそのままにしておけば、芽が出て四葉がそだつそうです。

そして、もう一つの緑色のほうは、容器を組み立ててベビーサラダを育てることができるキット。

お手軽に育てられる植物、きっと喜ばれるプレゼントでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧