時計・カメラ

2012年7月16日 (月)

【レンズ】Sony Vario-Sonnar T* DT 16-80mm 3.5-4.5 ZA

201271_23812_1
Carl Zeiss銘のαレンズです。少し前に手に入れましたが、徐々に分かってきたので記事にしようかと思います。αのブランド、GとZeiss。二本目のこのレンズはスペック上はズバり面白くはないですが、さすがの魅力があるような気がします。

Dsc087481 Sony α55, CZ T* DT 16-80 ZA (ISO 100, 1/160, F4.5, 35mm)

 このレンズを持ち出してお散歩に出たときにとった写真が、この花。鮮やかな色合いと後ろへの抜け方で、気持ちよいお散歩ができるような気がしました。Zeissとはいえ、デジタル専用、プラスチックの鏡筒で軽めの一本。16mmの広角から80mmとちょっとした望遠域も押さえられることもポイント。
 標準ズームと比べれば当たり前ですが、手触りもしっかりしており、さすがに安っぽさは感じません。「Zeissブランド」も相まって、持ち歩く楽しさと持つ喜び、両方を感じています。

Dsc09312_2 Sony α55, CZ T* DT 16-80 ZA (ISO 100, 1/3200, F6.3, 16mm)

広角レンズらしく、空なんかを撮ってみたくもなります。T*コーティングのおかげ、なんて思ってしまいますが、太陽が少し入っても安心して撮れるのも嬉しいところ。雲や空の模様もすーっととらえられます。

Dsc09406 Sony α55, CZ T* DT 16-80 ZA (ISO 100, 1/1000, F5, 80mm)

それにしても徐々に使っていて思うのが、色の出方。各原色がぐいっと出る写りをする気がします。ふと撮ったものの色味が最大限表現できる、写り。太陽の光で、しっかり、色濃く写し込む、それがゾナー、なのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

【レンズ】Pentax Super-Multi-Coated takumar 1:35 f2 「すーっとしたボケ味」

Dsc08320_2
 またレンズ記事を書きたいと思います。以前紹介した、PENTAXのSuper-Takumarがありましたが、今回は同マウントの後継レンズ、Super-Multi-Coated Takumarです。名前の通り、レンズコーティングが多層になり、光学性能が良好になったモデルです。
 焦点距離は35mm、開放f値は2。フルサイズ時代には広角の部類に入るレンズかと思いますが、APS-Cで使うと標準レンズに近い使い方になります。

 まず初めてのぞいたときに感じたことは、見たままに近い画角。ファインダーをのぞいたときにまるで見たままのような感覚の広さが写り、特殊な表現ではなく、自分の思ったままに写せるなぁと感じました。

Dsc02934 Super-Multi-Coated Takumar 35mm f2 (ISO100, f4付近, 1/500)

 そして、撮ってみるとすーっととろけるようなぼけ方と、合焦点のシャープさが魅力。このレンズもトリウムレンズなので、それらしい、シャープさがあるのですが、それだけでなく、ぼけた部分へなだらかにしっかりつながっていくので味わい深いです。
 いうならばまるで浮き出るような感覚でピントがあった部分が描写できるので、大変気持ちよく写真が撮れます。AFの時代にあえて手でピントを合わせること、そして、このレンズの浮かび上がるような描写が、フォーカシングの歓びを感じさせてくれる気がします。

Dsc03264 Super-Multi-Coated Takumar 35mm f2 (ISO100, f8付近 ,1/320)

 しかし、実はこのレンズ、カビがありました。中古レンズであるのでしょうがないですが、かなりショックでした。ただ、分解がしやすいタクマー系統。前玉から後玉まですべてばらして、レンズを一枚一枚自分で清掃することを初めて行い、カビのない状態になりました。そういう意味でも一つ一つ自分で磨き直した、思い入れのあるレンズです。

Dsc08261 Super-Multi-Coated Takumar 35mm f2(ISO400, f4, 1/40)

 35mmにしては55mmのレンズよりも高さがあり、少し大きめではありますが、十分軽くて小さなレンズ。自分で清掃し、整えてからはこのピントの合った部分の描写が好きで迷った時の一本になっています。休日のおでかけも、平日になんとなく持ち出すときも、常につけている一本です。
 前回紹介した70300Gとはまったく違った楽しみを与えてくれるレンズ。同じくらいに、お気に入りの一本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

【レンズ】Sony 70-300mm 4.5-5.6 G SSM

Dsc03647
 存在感、満足感、そしてそれに見合った納得の画質 — 愛用の一眼レフ、Sony αの純正レンズ、「70-300mm 4.5-5.6 G SSM」です。

 写真でも分かるように大きさも重さもしっかりした望遠ズーム。フィルター径62mm、700g程度の重さは私にとって初体験。カメラに取り付ければカメラよりもレンズの方が存在感を放つ程です。Gレンズと呼ばれる、ミノルタ時代からのαマウントの高級レンズシリーズの一本で、作りもしっかりしています。

Dsc033861
Sony α55, 70-300 G SSM (ISO 100, 1/500, F5.6, 300mm)

 実際に初めて撮りあるいてみてもカメラを「しっかり支えながら撮る」が心地よく、楽しんで撮れました。ある程度の重みがあるのでレンズを支えるように持つと、AFストップボタンやフォーカスレンジリミッターも扱いやすく、両手で写真を作っていく感覚があります。
 画質も文句なし。テレ端300mmを開放で撮影してもしっかりしたコントラスト、色味が現れている様子。高級な望遠レンズにしては開放F値が暗めのこのレンズですが、開放からキリッと決まるのは嬉しいところです。

Dsc035911_2
Sony α55, 70-300 G SSM (ISO 100, 1/800, F6.3, 300mm)

 AFのスピードも超音波モータということで快適。レンズを向けて半押しであっという間にピントが合う感覚です。鳥にピントを合わせることもなんなく、さらっと撮影ができました。

 総合的に見れば、何も考えずにも撮れるような、そんな完成度の高さがあるレンズ。AFも画質も、均質に常に最善の状態を出してくれるので、RAW現像の際ですら編集なく鮮やかに仕上がっていて、素直に驚きます。慣れてくると、この写りが素直で特に意識することなく使ってしまいますが、他のレンズと比べれば「格が違う」ように感じることもしばしば。いかにも光学的に高精度なレンズで、「思った画を切り取る道具」として、大変優秀で安心しています。

Dsc035821
Sony α55, 70-300 G SSM (ISO 100, 1/1250, F5, 70mm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

【レンズ】Pentax Super-takumar 1:55 f1.8

 久しぶりの更新になります。いつも文具のことを書いているブログですが、最近筆記具ではなく別の筒型のモノに興味を引かれてしまい、そんなことを書いてみたりしています。一度Facebookのノートとして書きましたが、ブログでもぜひご紹介したいと思い、記事にしてみます。

Dsc03184


 このレンズはバイト先の写真好きの方にいただいたレンズ。2本同じで違う年代のものを頂き、2本目を好んで使っている。

 

 1本目、2本目とも画角、明るさは同じで使いやすい。M42マウントのマニュアルフォーカスのレンズなので、撮影の度に手でフォーカスを合わせて、露出もマニュアル設定での撮影となり、少し手間はかかる。

 

 しかし、それもボディをa55に変えてからというもの、絞り優先オートが効いてくれるし、フォーカスを合わせるための拡大表示も使えるようになったので、AFレンズとまではいかないがこれ1本で出かけられるくらいの手軽さになった。

427723_250298848394640_100002435792

 
 2本目のレンズはいわゆる"トリウムレンズ"。現在は製造されていないが、光の屈折率をあげるためにレンズ内にトリウムという放射性物質を混ぜ合わせているそうだ。それだけに絞り開放時のどこかあか抜けた写りから、ひと絞りふた絞りした時のシャープな写りも楽しむことができると感じる。

 

 トリウムレンズの特徴として、黄変という現象がある。経年変化で、トリウムが使われたレンズが徐々に黄色を帯びてくるというもので、このレンズも斜めから見ると若干の黄変が感じられる。紫外線の照射などで軽減させることができるらしいし、デジタルではAWBで軽減されるとも聞くが、気になる人も多いだろう。

 

 ただ、自分の中では、すこしレトロな雰囲気、色味が画像にのってきて、むしろ気に入っている。アンティークレンズである以上、数値や劣化という意味でいくつか不安な点は拭いきれないが、それも含めて楽しいレンズだと感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

CP+

Dsc02547

パシフィコ横浜で行われている、CP+というカメラの展示会へ行ってきました。

11日から14日までとのことです。

時間があったのでなんとなく行っただけでしたが、 前々から気になっていた富士フィルムの3D写真技術などが見ることができてよかったです。

また、オリンパスブースでは写真の撮り方を説明していました。

あまり時間がなかったのですが、新技術やそれだけでなくアンティークカメラの展示などたくさんの展示がありました。

気になった方はぜひ。

http://www.cpplus.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

セイコースピリット

Dsc02155

以前紹介したセイコー5自動巻きが壊れてしまいました。

OHに出すということももちろん考えましたが、そこまでするほど、私は機械式向いてないみたいです…

というわけで、吹っ切れて、メンテナンスの少ない最新の時計に。

機械式のような温かみを感じることがなくなってしまうのが残念ですが、ならばと、徹底してシンプルで実用的な時計を選びました。

ソーラー電波時計、セイコースピリットです。

一日に二回自動で電波を受信して時刻を修正します。もちろん好きなときに修正できますが。

針が磁力で止まってしまったときにも自動で針位置を修正したり…

とのこと。

本当に徹底的に実用です。

文字盤はファイブと同じ青にして、メーカーも同じくセイコーなので結構特徴が似ていますが、両極端に行く品物です。

これは長く使えるでしょう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

エッシェンバッハルーペ

Dsc01656 前々から好きで使っている、エッシェンバッハのルーペを紹介したいと思います。

http://www.eschenbach-optik.co.jp/

エッシェンバッハはドイツで100年以上の歴史を持つルーペメーカーです。

多種多様なルーペがあり、持ち歩きに便利なタイプや、カラフルなもの、とても大きくみやすいルーペまでいろいろとあります。

国産のルーペでもいいものはたくさんあると思いますが、こういったものばかり買ってしまうのは、海外モノ信仰?とかいうやつでしょうか;

しかし質がいいのは確かです。

手前の二個が最近一番よくつかうアイルーペ(傷見)です。

目にはめてつかいます。時計師や、宝石鑑定に用いられるルーペですが、調整にも便利です。

左側にある15倍のタイプは無収差のタイプでレンズが二枚使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

新しいコンデジ

今まで、ソニーの薄いデジカメ(T7)を使っていたのですがとてもぶれやすい上にマニュアル撮影ができないもどかしさがありました…

最近は画面が大きくちらつくこともあるのです。

というわけで、デジカメを新しくしました!

Dsc00272_2

同じくソニーのW300というカメラです。

ボディーはチタンコーティングされたステンレス。

画素数はT7の二倍以上の1360万画素です。

画面も大きく綺麗で満足です。

マニュアル撮影も可能で、もちろんフルオートでも綺麗にとれます。

さすが、ソニーのコンデジの最高峰モデル。といったところでしょうか。

せっかくなので、W300でペン先をとった写真を載せます。

Dsc00274

ソニーDSC-W300 ISO100  1/8sec F2.8 クローズアップNo2使用 (トリミング加工済み)

どうでしょうか。適当に取ったのですが、ほこりまで綺麗にとれます…;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

機械式懐中時計

Dsc00252 じゃーん!

機械式懐中時計です!

銀色のボディーでスケルトン。

…ただただ綺麗としかいえませんね。

カチコチ音が非常に心地よいです。

何石かもどこ製かもわからない安物です。

手巻きのこの時計、1500円。

駅の露店みたいなので売っていました。

ためしにと買ってみました。案外気に入っていますが、いつまで動いてくれることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

機械式!

父が以前に買った時計が結構かっこいいなぁと思っておりまして…

もらっちゃいました!

Dsc00134

オートマチック、21石でございます!

やったぁ~~。初めての機械式時計。なんていうか万年筆に似合いますよねぇ~

耳を近づけると「チチチチ」という機械式ならではの音がします。

セイコー5という機械式の時計。シースルーバックなので、時計をはずせば中の機構もちょこっとうかがえますよ…

突然現実的なお話。あまり高い時計ではないよう。OHにだしたらその価格のほうが高いとか;

3~4年に一度はOHに出したほうがいいそうですが、それはどうしましょうねぇ…

ま、4年後に考えればいいですね。

というわけで、暇さえあればちらちらと時計を眺めております、はい。

でもあまり時計の世界にはまりたくは無いですねぇ…

万年筆と同じで高いものは高いので。モンブランの機械式なんて欲しくなっちゃった日にゃぁ、、もう…

| | コメント (6) | トラックバック (0)