筆記具改造・調整・分解

2008年12月26日 (金)

デュポンシャープメカ

Dsc00267 写真大きすぎたなぁ…反省。

さて、モンブランノブレスのノック式ボールペンに自作のシャープメカを入れて使っていたのですが、意外な発見がありました。

デュポンのシャープメカが使えるのです。

しかもデュポンのメカは0.5と0.7があり、両方使えちゃいます。

うまくいれるにはコツがいりますが、しっかりいれると多少のガタツキはあるものの使えます。

今は0.7のメカをいれて楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

スティッチのシャーペン修理

Dsc00118_2

同じクラスの友人からの依頼。スティッチのシャーペンです。水色でかわいらしいおみやげ物ですね。

さて、このシャーペン、芯詰まりが発生してました。それはどうにか直りましたが、ノックすると芯が落ちてきてしまいます。それを直すのが今回の修理!

Dsc00117

グリップを無理やり取り外して中を見てみましょう。

先端が外れないため、うまく修理できないのが第一課題!

というわけで、ノックアウトブロックの気分で金属棒を先端からカンカンカン。取れちゃうんです。

この作業、物によっては軸が割れる可能性もあるので注意が必要です。

Dsc00116 分解できたらよく考えましょう。

芯が落ちてしまう症状の大部分はこの部品のせいです。

シャーペンの先端の部品。この部品の中のゴムが劣化したり、構造が弱かったりすると芯が止まらずに落っこちてくるのです。

というわけで、この小さな部品を写真のようにさらに小さく分解します。

そしてこの金属の部品を、pilot2020というシャーペン(210円)のものと入れ替えようじゃありませんか。

このpilot2020というシャーペンは分解も割としやすく機構もしっかりしているので、生贄用としても実用としてもすばらしい。

Dsc00115

そして、pilotの部品を後ろにつけるとこんな感じになります。写真で見やすいように黄色を使いました(実際は青を使って色をそろえました)

これで、新品の部品に交換したので、直ったということに。

しかし、このシャーペン、ぼろが来ているらしく…

ほかの機構も調子が悪いようです。

いつでも修理するよー(基本的には万年筆の修理がしたいですが;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ボールペンからペンシルへ!

モンブランノブレスのBPが今2本あります。ほかにもBPは1本。

黒と青のBPがあれば十分と思う自分にとっては、BPつぶしてペンシル1本増やしたい。

さて、今日の生贄はこちら。

Dsc00366

ゼブラの多機能ペン用シャープメカ(0.5mm)とパイロットスーパーグリップペンシル(0.5mm)。

二つでおよそ400円前後の品です。

さてまず、スーパーグリップを分解します。

Dsc00367この中で使う部品は、シャープメカが刺さっているガイドパイプだけです。

このパイプがないとやっぱりうまくいきませんね。

そしてこれにうまい具合に多機能ペン用メカをいれなければいけません。

しかし、径が違いすぎる…。

Dsc00368 こんなときはメカ側に少しテープを巻いたりしてから入れるとすばらしい!

ぴったり入るようになればOKです。

さてここからは地道な作業。

長さがちょうど良くなるように切ってはためし切っては試す!

ガイドパイプの上にアダプタ(旧タイプBPに使うリフィルの後ろの部品)をつけることも忘れちゃいけません。

Dsc00369 先端の写真。

ゴールドプレートのボディーに銀色のメカというのも意外に綺麗なものです。

太さもぴったりあうので最高。

それでは、今回の改造の全貌をご覧ください。

Dsc00370_3

内部の部品はすっきり。無理した感じはありません。

本体も一切手を加えてないので、すぐにBPに戻せます。

久しぶりにいい改造でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

棚吊り大魔王コンバーター その2

前回の記事では、残念ながらコンバーターに石が入らないということとなりました。

さて、そのときの石の直径は「4.5~5mm」。

新しく買ってきました!

今回は、、

Dsc00344

ガーネットです。2.5~3.5mm。

ガーネットは硬度が高く、薬品や熱にも強い宝石だそうです。

Dsc00345

赤くて綺麗です。

まぁ残念ながらこれからはインクに埋もれて見えなくなってしまいますが…

そして、今回は問題なく入りました。今のところしっかりと動作もしているよう。

今後に期待です。

Dsc00346 うまくいけば、モンブランのコンバーターを改造しガーネットコンバーターにしちゃおうかなとも考えてます。

コンバーターは滅多に見ない部品ですが、このように細部までこだわりたいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

棚吊り大魔王コンバーター その1

ご存知でしょうか。パイロットのコンバーター。

キャップを上向きにしておくと、コンバーター内でインクが移動してしまう棚吊がよく起こるとして有名らしいです。

棚吊を引き起こすとこんな感じになります。Dsc00340

恐ろしい;

ちなみにモンブランのコンバーターには棚吊防止や泡立ち防止のために、バネが入っています。

…ってことはコンバーターの中に、何か小さなものを入れれば、解消されるのでは?

そう思い、バネを買おうかとも思ったのですがありきたりではつまらないではありませんか!

Dsc00341 最近よく見るパワーストーン(結局は占いで使われる鉱石みたいな感じですかね)を入れてしまおう。

そんな企画です。

本来、パワーストーンでネックレスを作ったり、ブレスレットを作ったりする人のための、小さなビーズ状のパワーストーンを買ってきました。これには小さな穴も開いているので、合理的です。

Dsc00342 ちなみにこれは直径1cmもありません。

そしていよいよコンバーターに入れてみます!!

……。。

Dsc00343_2

入らない!!

大きさ間違えたみたいです;

出直します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)