« 「作家と万年筆展」に行ってきました | トップページ | 「本物」の、漆黒 »

2012年2月 8日 (水)

一足早く春気分? Pelikan M800 青縞

M8001b

 Pelikanのスーベレーン、そろそろ欲しいと思っていました。初めてのスーベレーン、総合的に評価も高く、堂々としたM800をチョイス。さわやかな青縞の軸です。

 M800自体の位置づけは、ペリカンの中では超大型のM1000と中型のM600にはさまれたバランスの取れたモデルかもしれません。また、ビッグトレドの原型でもあり、代表的なモデルです。

 実際に手に持ってみると、独特の存在感を放ちます。モンブランと比較すると、ちょうど146と149の間くらいの大きさで、ペン先は149ほど大きくないとはいえ、ペン自体は149のような堂々した風格。色の軸も安っぽくならず、上品なたたずまいです。

 キャップと軸の作りもよいようで、キャップのはまりもよく、少し長細いスタイルがペリカンらしいです。ペン先は18Cで、今回はMニブを選びました。未調整の状態とはいえ、引っかかりはなく滑らかな書き味。やはりもう少しインク出が欲しい気がしてしまいますが。

 今回、青縞のM800に、セーラーの桜森インクを吸わせました。上品ながらもさわやかな青縞のM800からまろやかに流れる桜色、一足早く春めいた気分を味わっています。暖かそうな桜色、ブルーの軸と相まって、どこか新しい気分になります。

|

« 「作家と万年筆展」に行ってきました | トップページ | 「本物」の、漆黒 »

コメント

コメントありがとうございます。
ペリカンのスーベーレーンシリーズは一本も持っていないですが、限定軸の鮮やかさなどを見ては一本は所有してみたいと思っています。
また、インクを季節に合わせて選ぶのも面白そうです。

投稿: ファンクション | 2012年2月10日 (金) 17時15分

>>ファンクションさん

ご覧いただきありがとうございます。
私も一本目のスーベレーンということで、まだまだペンの魅力や特徴を掴みきれていないような気がします。
ぜひ一本、「スーベレーン」を実感してみてもいいかと思いますよ!
季節、そして自分の気持ちに合わせてペンとインクを合わせるのは本当に楽しいです~。

投稿: kouki | 2012年2月11日 (土) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/44025785

この記事へのトラックバック一覧です: 一足早く春気分? Pelikan M800 青縞:

« 「作家と万年筆展」に行ってきました | トップページ | 「本物」の、漆黒 »