« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 8日 (水)

一足早く春気分? Pelikan M800 青縞

M8001b

 Pelikanのスーベレーン、そろそろ欲しいと思っていました。初めてのスーベレーン、総合的に評価も高く、堂々としたM800をチョイス。さわやかな青縞の軸です。

 M800自体の位置づけは、ペリカンの中では超大型のM1000と中型のM600にはさまれたバランスの取れたモデルかもしれません。また、ビッグトレドの原型でもあり、代表的なモデルです。

 実際に手に持ってみると、独特の存在感を放ちます。モンブランと比較すると、ちょうど146と149の間くらいの大きさで、ペン先は149ほど大きくないとはいえ、ペン自体は149のような堂々した風格。色の軸も安っぽくならず、上品なたたずまいです。

 キャップと軸の作りもよいようで、キャップのはまりもよく、少し長細いスタイルがペリカンらしいです。ペン先は18Cで、今回はMニブを選びました。未調整の状態とはいえ、引っかかりはなく滑らかな書き味。やはりもう少しインク出が欲しい気がしてしまいますが。

 今回、青縞のM800に、セーラーの桜森インクを吸わせました。上品ながらもさわやかな青縞のM800からまろやかに流れる桜色、一足早く春めいた気分を味わっています。暖かそうな桜色、ブルーの軸と相まって、どこか新しい気分になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

「作家と万年筆展」に行ってきました

Dsc06222

 昨日、県立神奈川近代文学館で行われている、作家と万年筆展にでかけてきました。港の見える丘公園内の静かな文学館で、じっくり展示を楽しむことができました。常設の展示も、神奈川の地域と名作の数々をあわせた展示でまとまっており、見ごたえがありました。

 そしてお目当ての、作家と万年筆展。夏目漱石や江戸川乱歩をはじめとした作家の愛用した万年筆、原稿用紙などがずらり。入館時にいただいたパンフレットでも、ペンとその文字が掲載されていました。

 年代に関しては、古いものもありましたが、最近の万年筆もあり、幅広く展示されていたように思います。

 しかし、何よりじんわりときたのは作家の万年筆や道具についての文章の展示。プロならではの筆記具へのこだわりが、珠玉の名文になっているなぁとつい読み入ってしまいます。
 一節一節の短い文章だけが展示されていましたが、様々な"万年筆感"が伝わってきている。そんな気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »