« セーラー ショートタイプ 国勢調査 | トップページ | パイロット万年筆用箋ミニ »

2010年7月29日 (木)

【修理法】貼り付けペンの貼り直し

貼り付けペン、ご存知でしょうか?

パイロットのペン先の一種で、現行品でいうシルバーンのようなものです。ペン先の大部分が首軸と接着剤で張り合わせて固定してあるのです。

通常のペン芯と押し込まれたペン先と異なり、この接着剤が傷んでしまうことがあります。

さて、では実際に貼りなおしの手順を確認しましょう。手順通りに行ってうまくいかないこともあるかもしれませんが、ご参考にどうぞ。

また途中工程でペン芯を取り外すには特殊な工具が必要な場合があります。

Dsc03359 まずこれが今回張りかえを行う、ペン先です。

古いパイロットのペン先で、接着剤の痛みが見受けられます。

まずこのペン先をとりはずします。

薄いゴム板ではさみもち、まっすぐに引きぬきます。

古く劣化した接着剤の場合はこの手法で引き抜くことができます。

できない場合は、ペン芯とペン先の間に針を入れて取り外す方法があるらしいですが、これはちょっと危険かもしれません…。

さて、このようにペン先を取り外すと、Dsc03360 接着剤がよく見えます。

ペン先の裏に使われていた接着剤は古くなっており、このように劣化しています。

長年のインクの蝕みがよくわかります…

このインクがたまった接着剤をまず上手にはがす必要があります。

私はまず指でちょっとずつとってから、マイナスドライバーや針を使って徐々にとっていきました。

張り替えが必要なころにはこのようにぼろぼろになってしまっているので、すぐにとることができますね。

傷をつけないように気を付けて行いましょう。

Dsc03372

このようにきれいにとれましたら、いよいよ新しい接着剤を塗るときが来ました。

2液混合の接着剤を用意し、たっぷり塗ります。

またペン芯はちゃんと取り外しておきましょう。

ペン芯を取り外すまでの工程はここでは紹介しませんが、またいつか紹介したいと思います。

さて、このようにペン芯を取り外し、真っ新になった首軸。

Dsc03373

たっぷり接着剤をぬります。

ここで躊躇することなくたっぷり塗るのがコツだとか…

あとあとふき取ることはできるので、ペン芯が入る部分に接着剤が入らないようにすれば大丈夫です。

あとはペン先をはめ込んでからあふれた接着剤をふき取り、乾かしてからくみなおす。

そんな風にこのペン先の張り替えは行うようです。

上手にはりかえれば、20年は持つそうですので安心。

私自身きにいっているこのペン。自分で修理し、自分で使う。

これ以上の安心はないと思います。

Dsc03371

|

« セーラー ショートタイプ 国勢調査 | トップページ | パイロット万年筆用箋ミニ »

コメント

有益な情報有難う御座います。

勉強になりました、

投稿: レッドのコッカー | 2010年7月29日 (木) 01時04分

なるほど・・・
これはペンクリに出して一週間かかるわけですね。。。

投稿: mercuryo | 2010年7月29日 (木) 07時33分

>>レッドのコッカーさん

貼り付けペンの張りかえは案外簡単なので、自分でやれるようになると安心ですよ。
今後ともこういった分解、修理方法を知ることがあれば記事にしたいと思います。

>>mercuryoさん

確かにペン先調整と違い少し時間のかかる作業だと思います…
やはり自分でできるようになると楽しいというところでしょう。

投稿: kouki | 2010年7月29日 (木) 09時47分

待ってました、この情報の掲載。

かく言う私は、針で剥がしてました。

シルバーンを持つ者としては、この作業くらい、いつまでもメーカー任せにしたくないなあ…と。

投稿: 蓮覇fe500rs | 2010年7月29日 (木) 18時11分

すばらしいですね。ご自身で修理とは良いですね~。
僕もできるようになりたいものです。どんどんこういう情報を流してください。
よろしくお願いします。

投稿: masa | 2010年7月29日 (木) 18時52分

>>蓮覇fe500rsさん

ありがとうございます。
こういった情報をいろいろ用意できたらいいのですが…

やはり自分の大切なペンですから自分で修理出来るのがベストですよね

>>masaさん

ありがとうございます。
自分で修理できるとなると、安心感が違いますよね
今後こういった情報が流せるといいなと思います

投稿: kouki | 2010年7月31日 (土) 01時19分

おお、こういった内容の記事は少ないので参考になります。が。

えーと、機械屋さんから言えば、接着面は荒れていたほうがアンカー効果が上がるので、
800番程度で表面をざらざらにしたほうががよろしいかと。ニブも。
ま、これは機械を作る立場なので、萬年筆に傷をつけたくないという気持ちはよーーくわかります。

それと、接着剤の種類は、2液混合ということはエポキシですね。
これ、後で絶対に取れなくなるので、(剥離強度が萬年筆のプラスチックの強度を上まわっている)、
もうすこしやわらかめの、たとえばスーパーXなど のほうが、良いのでは無いかと思います。
エポキシで接着したプラスチックは、破壊するまで取れませんヨ。

もうひとつ、瞬間を使う人、これは、プラスチックに白化を起こすのでお勧めできません。

エポキシは、充填材としても使うので、たっぷりがよろしいですが、
そのほかの接着剤は、なるべく少量で、接着剤の層を薄くするのが機械屋の基本です。

たとえば、陶器を瞬間やボンドでくっつけるときは、一滴で十分です。
それ以上厚くすると、接着剤の強度に支配されて、すぐもげるのです。

あ、ボンドなどの有機溶剤が入っているものは、プラスチックを侵すので避けられますように。

ですから、たっぷりぬるのは、エポキシだけ、と覚えていただければよろしいかと。

うーむ、とりとめのない文になってしまいました。

1、エポキシは、今後絶対に分解しないときにしか使わない。たっぷりぬってかまわない。
2、瞬間は、特に透明なものには使ってはいけない。一滴以上使わない。
3、有機溶剤入りのものは、プラスチックを溶かすので、使わない。

番外、アルコールは、PMMA(アクリル)を侵すので(割れます)、セーラーやペリカンの清掃に使ってはならない。

てなところですか。機械屋さんからのアドバイスでした。


投稿: 白髪猫 | 2010年8月 8日 (日) 21時33分

>>白髪猫さん

コメントありがとうございます。
ペン先と首軸を削るとのこと、うーん、やはり勇気がわきませんね(笑
接着材の性質として、覚えておくとこれから便利そうです。ありがとうございます。
今回この方法を教わったパイロットに詳しい方がおっしゃる手段をご紹介しましたが、エポキシは非常に強力なのですね。
それでもエポキシで貼り付けるように教わったのは、おそらく貼り付けペンの固定は非常に強くしなければいけないから、またたっぷり塗ってふき取るという手段が使えるからでしょう。

さまざまな接着剤の注意点、そして最後のアクリルのお話、目からうろこでした!
またコメントお待ちしていますね。

投稿: kouki | 2010年8月 8日 (日) 21時54分

はじめまして。
巻き爪ペン先の貼り直し初めて見ました。接着剤で固定してたのか。知らなかった・・・。
こういった記事はとても勉強になります。ありがとうございます。

投稿: なゆた | 2010年10月29日 (金) 17時27分

>>なゆたさん

コメントありがとうございます。
接着剤でついているとは思わないものですね…
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: kouki | 2011年1月 1日 (土) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/35937301

この記事へのトラックバック一覧です: 【修理法】貼り付けペンの貼り直し:

« セーラー ショートタイプ 国勢調査 | トップページ | パイロット万年筆用箋ミニ »