« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

【修理法】貼り付けペンの貼り直し

貼り付けペン、ご存知でしょうか?

パイロットのペン先の一種で、現行品でいうシルバーンのようなものです。ペン先の大部分が首軸と接着剤で張り合わせて固定してあるのです。

通常のペン芯と押し込まれたペン先と異なり、この接着剤が傷んでしまうことがあります。

さて、では実際に貼りなおしの手順を確認しましょう。手順通りに行ってうまくいかないこともあるかもしれませんが、ご参考にどうぞ。

また途中工程でペン芯を取り外すには特殊な工具が必要な場合があります。

Dsc03359 まずこれが今回張りかえを行う、ペン先です。

古いパイロットのペン先で、接着剤の痛みが見受けられます。

まずこのペン先をとりはずします。

薄いゴム板ではさみもち、まっすぐに引きぬきます。

古く劣化した接着剤の場合はこの手法で引き抜くことができます。

できない場合は、ペン芯とペン先の間に針を入れて取り外す方法があるらしいですが、これはちょっと危険かもしれません…。

さて、このようにペン先を取り外すと、Dsc03360 接着剤がよく見えます。

ペン先の裏に使われていた接着剤は古くなっており、このように劣化しています。

長年のインクの蝕みがよくわかります…

このインクがたまった接着剤をまず上手にはがす必要があります。

私はまず指でちょっとずつとってから、マイナスドライバーや針を使って徐々にとっていきました。

張り替えが必要なころにはこのようにぼろぼろになってしまっているので、すぐにとることができますね。

傷をつけないように気を付けて行いましょう。

Dsc03372

このようにきれいにとれましたら、いよいよ新しい接着剤を塗るときが来ました。

2液混合の接着剤を用意し、たっぷり塗ります。

またペン芯はちゃんと取り外しておきましょう。

ペン芯を取り外すまでの工程はここでは紹介しませんが、またいつか紹介したいと思います。

さて、このようにペン芯を取り外し、真っ新になった首軸。

Dsc03373

たっぷり接着剤をぬります。

ここで躊躇することなくたっぷり塗るのがコツだとか…

あとあとふき取ることはできるので、ペン芯が入る部分に接着剤が入らないようにすれば大丈夫です。

あとはペン先をはめ込んでからあふれた接着剤をふき取り、乾かしてからくみなおす。

そんな風にこのペン先の張り替えは行うようです。

上手にはりかえれば、20年は持つそうですので安心。

私自身きにいっているこのペン。自分で修理し、自分で使う。

これ以上の安心はないと思います。

Dsc03371

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

セーラー ショートタイプ 国勢調査

Dsc03358


さて、今日も祖父の周りの親戚の万年筆を紹介したいと思います。
これは、セーラーのショートタイプのスチールペンなのですが、日本列島のマークがはいったものです。
様々なブログやwebサイトでも見かけるこの日本列島のマーク、国勢調査のものだとのこと。
残念ながらこのペンはペン先ががたがた動いてしまう不良がありますが、国勢調査に万年筆が使われていた昔をしのぶことができる貴重なペンかもしれませんね。
こういった、ノベルティに万年筆が使われるというのも最近では聞かないこと。
ぜひともどこかの団体にしていただきたいです。プレピーのように安い万年筆も現在用意されていることですし…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

久々のwagner定例会

さて、久々に恵比寿でおこなわれていたWagnerの定例会に参加してきました。
今日はあまり本数はもっていかず身軽に…
よくツイッター上などでお話する方やご無沙汰していた方とも会い、楽しかったです。

そして、貼り付けペンの修理方法を教わってきましたので、近日中に修理記事を書きたいと思います

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

"縁"

Dsc03356

まったく同じWaterman C/Fです。波模様の軸で18kのペン先。

以前紹介したことがあるペンですが、もう一つうちにやってきました。

この新しくやってきたペンは先日息を引き取った祖父が私の叔母にあたる彼の娘に送ったペンだとか。

まったく同じ種類というところに驚いてしまいました。

C/Fはカートリッジが現行のものとは違いますし、入手困難なようですので使えないのは残念ですが、なにか"縁"を感じてしまいました。

好みといいますか、昔祖父がこのペンを選らんだ気持ち、そしてこの前私がこのペンを選んだ気持ち、なにか重なるものがあったのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

水先案内人

Dsc03331 パイロットの社名の意味、それは水先案内人。

業界を引っ張っていく会社になるようにという意味もあるそうです。

このペンを見ているとすらっとしたボディが水を切って進んでいくように見えます。

買ってきました。パイロットキャップレスデシモです!

色はダークブルー。シルバーとピンクがありましたが、私の中でありそうでなかったシルバー×ブルーを選びました。

小ぶりの18Kのペン先はちょっと書き味が微妙…?と思いましたが、純正のインクをいれてしばらくつかっていると書きやすくなりました。するすると繊細な筆運びです。

字幅はFです。本当に実用的なペンかもしれません。

パイロットのある意味、代表的モデルであるこのキャップレス。

すらっと長くスマートなデザインに、精密な機構。満足度高いです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

一本!

Dsc03329

非常に安く万年筆が販売されているお店があります。

一般的なお店なのですが、改装前ということで3割引き。

これはおいしい!ということで久々に火がついてしまいました;

何本か考えた結果、パイロットのカスタム74、カスタムヘリテイジ、キャップレスデシモや、セーラーのプロギアスリムミニ…などなど考えています。

自分でバイトして稼いだお金でまかなえそうですので、自分のお金で新品の万年筆を買う初めての経験になりそうです…。さてどれにするか…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

お葬式


私事ですが、祖父が永眠しまして、葬式のため明日から大阪に行くことになりました…
ということで、もっていくペンを考えていたのですが、

Dsc03328


こちらでしょうか?
黒金や黒銀といった落ち着いた色合いで、主張しない軸の太さ。
問題はペン先が極太字ということですが、問題ないでしょう…

では、明日から行ってきますね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

パーカー、再び。

Dsc02883

大学に入って、2本目。

万年筆の洗浄を依頼されました。

これまたパーカー。

ソネットです。18Kペン先のものということでなかなか良い品です。

一度インクを通して使っていたようで、べっとりと乾燥してしまったインクが付いていました。

ということで、水につけて一晩。

なんだかんだいっても万年筆の洗浄はこれが基本ですよね。

インクも一般的な黒だったので楽でした。

Dsc02882 

何度か水につけて、水を変えたりした結果、こんなにきれいになりました。

このペンはうまい具合にすると分解できるので、今は分解してまた水につけています。

ペンの軸やキャップには割と傷が多く、たくさん使っていたんだろうなと想像させられます。

ぜひ、今度はもっと管理していただいて、万年筆ライフを楽しんでいただきたい。

そんな風に思いつつ、今夜もペンを洗っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »