« プレジールの印象 | トップページ | Lifeの名刺メモ »

2010年6月 2日 (水)

万年筆を使ってみたいという人に…

最近、大学でも万年筆を使ってみたいと言う人によく会います。
ということで、その中の一人にプレジールを贈呈!してみました。
時々人に万年筆をあげることがありますが、今回はいつもとは大きな違いがあります。
それは、まったく説明せずにあげたということ。
大抵、万年筆を人に説明するとなると、
「振ったらだめだよ」「時々洗わないと…」「インクはこうやって…」
などなど説明が多くなってしまいます。
こういった説明をせずに渡して、どうなるのでしょう?
感想をきかせてもらう予定ですので、楽しみです。
万年筆は価格もなかなかとっつきづらい要因と思いますが、扱いづらさもまた別の要因と思います。
プレジール、その点はどうなのでしょうか!

|

« プレジールの印象 | トップページ | Lifeの名刺メモ »

コメント

つまり、彼とその筆との新しい物語の先は、真っ白のページに何もまえがきがないままで進むというわけですね。実に興味深い。
私の大学にも、君のような万年筆すきーさんがいらっしゃいますよ。青森出身の彼女に万年筆を語らせると、普段から何を言ってるかわからないのに、さらにわけがわからなくなります。そんな彼女を私は微笑しながら見ることしかできない。彼には彼のこだわりが何れ出来ると思います。その時に、彼はどちらの側に立っているのでしょうね。

投稿: 磯崎 | 2010年6月 7日 (月) 20時20分

>>磯崎さん

コメントありがとうございます。
万年筆との付き合い方、また愛好会やメーカーとの付き合い方が問われる今、なにもないところに万年筆を投じてみるのは楽しいかと思いました。
お知り合いの万年筆好きさんも、私も、また今回渡した方も、それぞれ違った万年筆との付き合いかたができていくのでしょうね。
趣味の世界は自由です。お互いの楽しみかたを大切にしたいものですね。

投稿: kouki | 2010年6月 9日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/35010926

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆を使ってみたいという人に…:

« プレジールの印象 | トップページ | Lifeの名刺メモ »