« Lifeの名刺メモ | トップページ | オート、Capstick »

2010年6月14日 (月)

初めての万年筆としてのプレジール

プレジールを渡した方、そろそろ一週間ほどたったので感想を聞いてみました。

まず一言目、非常に書きやすいとのこと。やはりなにもいわなかったので立て目の筆記でしたが、プレジールやプレピーなどの鉄ペンらしくなにも損傷なく、たのしく書いているそうです。

また高級感や、万年筆を持っているという楽しみは十分に味わえていたようです。

しかし、なによりも印象的だったのは、インクトラブル。

もちろんなにも教えていないのですから、インク漏れについて初めに言われると思っていたのに、何も言われなかったのです。

ということで、話の最後のほうに、インクについて聞いたところ、何度か手に付いたりしたとのことでした。

それでも笑いながら話し続けているところを見て、万年筆が好きというのはこういうことかなと再実感したのです。

|

« Lifeの名刺メモ | トップページ | オート、Capstick »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/35262056

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての万年筆としてのプレジール:

« Lifeの名刺メモ | トップページ | オート、Capstick »