« 地味に期待 | トップページ | バランスのよい手帳用紙 »

2010年4月 1日 (木)

モンブランボールペン芯 旧型

Dsc02661

モンブランの油性ボールペンの古い芯を手に入れました。

後ろにアダプタが付いているので大切に取っておかなければ。

モンブランのボールペンの芯は基本的に規格変更はないのですが、この後ろの青い部分、アダプタが重要。

古いタイプのペンではこれがなければ入らないというものもあります。

現行の芯にはこの部品がついていませんので、芯を変えるごとに部品を古いものから取り外してつけかえなければいけません…

さて、最近のリフィルはもっと光沢のある金属仕上げになっていて洗練されたものですが、この古いタイプは文字のフォントといい、キャップの仕上げが(現行は丸いですが)四角くなっているところといい、古き良きモンブランの雰囲気です。

新しいモンブランの洗練した印象も大好きですが、こういった古き良きモンブランにも惹かれてしまう…。これだから筆記具はやめられないのです(笑

|

« 地味に期待 | トップページ | バランスのよい手帳用紙 »

コメント

オールドモンブランは素晴らしいですよね。
あの一見地味な見た目の中にあるあの完成度。
私はオールドモンブランの方が好きです。
(でも、一番はパイロットのレバーフィラーの金ペンだという事は内緒)

投稿: 金属男 | 2010年4月 1日 (木) 07時34分

>>金属男さん

オールドモンブランはにじみでるような高級感…ですね。派手すぎず、洗練されている印象も受けない気がしますが、高級感がありますね。

投稿: kouki | 2010年4月 2日 (金) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/34024080

この記事へのトラックバック一覧です: モンブランボールペン芯 旧型:

« 地味に期待 | トップページ | バランスのよい手帳用紙 »