« プラチナ顔料ブルーの色味 | トップページ | 色彩雫ギャラリー »

2010年3月18日 (木)

パイロットコンバータ

Dsc02559

昭和末期のパイロットのコンバータです。

現在のCon-20と同じもの。当時は100円だったそうです。

古いコンバータとはいえ、インクが一度もついていなかったものなので、なんの問題もないようです。

中にゴムサックが入っているこのコンバータですが、痛みは少ないものです。

現行品とゴムサックが違うらしく、青っぽいゴムが使われています。

後は見た目もあまり変わらず、若干のマイナーチェンジしか行われていないようです。

しかしながらパイロットのこの型のコンバータは偉大です。パイロット製品ほぼすべてに使えるコンバータですから。

どのカートリッジ式万年筆でも、ショートタイプやキャップレスまでも使えるというのは本当にメーカーの強みではないでしょうか。

|

« プラチナ顔料ブルーの色味 | トップページ | 色彩雫ギャラリー »

コメント

CON-20はホント偉大ですよね。
ついこの前2本程買ったら「容量少ないですけどよろしいですか?」とパイロットの営業さんに言われました・・・

>パイロット製品すべて
ほぼすべて・・・ですね。ダブルスペアー仕様はさすがにCON-Wが要りますから(笑)
ちょっと不満なのは"W"は高いことですね。まだ製造しているだけマシとも言えますが。。。

投稿: mercuryo | 2010年3月18日 (木) 21時00分

>>mercuryoさん
コメントとご指摘有難うございます。修正しました。
Con-20は容量の少なさとインキ量の確認ができないところが残念ですが、本当に偉大ですね。

Con-Wも一つ購入予定なのですが、なんとも高くてまだ発注していませんでした!
ですがまだ作り続けているというのはこれまた偉大!

投稿: kouki | 2010年3月19日 (金) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33821319

この記事へのトラックバック一覧です: パイロットコンバータ:

« プラチナ顔料ブルーの色味 | トップページ | 色彩雫ギャラリー »