« セーラージェントルインク色織々 「雪明かり」 | トップページ | Pilot プロッタ芯 0.4 »

2010年2月 9日 (火)

立教大学 異文化コミュニケーション学部 個別入試

Dsc02477 今日は立教大学を受けてきました。

なかなか難易度としては高い大学ですが、感触はなかなか。

結果が出るまでなんともいえませんが、ひっかかってくれれば結構嬉しい大学です。

校内の写真を撮ろうと思ったのですが、あいにくデジカメを持っていなく、撮れませんでした。

綺麗なキャンパスで、池袋の一部がヨーロッパになっているような学校です。

ぜひ行きたいです!

さてさて、今回の問題冊子にはご丁寧に「万年筆」の使用禁止が書かれていました。

学校によってはカラーペンの一言で済ませてしまうのですが、ばっちり万年筆と明記されていまして、ちょっとうれしかったりします。筆記具として認識されていることはいい傾向でしょう。

受験関係で万年筆といえば、願書も注目すべき点でしょう。

ただし、最近の願書は基本的にボールペンと鉛筆でマークシートを併用して書くものがほとんどです。

私が出願したなかでは、中央大学だけが万年筆で書くことをみとめていました。

もちろんそれはちゃんと万年筆で書きました。ただ、厚めの紙とはいえ、フローによっては裏抜けが心配な雰囲気でした…

|

« セーラージェントルインク色織々 「雪明かり」 | トップページ | Pilot プロッタ芯 0.4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33302874

この記事へのトラックバック一覧です: 立教大学 異文化コミュニケーション学部 個別入試:

« セーラージェントルインク色織々 「雪明かり」 | トップページ | Pilot プロッタ芯 0.4 »