« セーラージェントルインク色織々 「桜森」 | トップページ | 国立国会図書館 »

2010年2月25日 (木)

久々に写真

Dsc02512

一時期、さまざまな万年筆の写真を撮って楽しんでいましたが、今日とっさに思いついたのでとってみました。

あまり面白みはないかもしれませんが、静かなたたずまいの写真になったかなと思います。

昼間の日光はなんだか優しいコントラストを作ってくれて、筆記具を綺麗に見せてくれるなと思います。

蛍光灯のしたではどうしても目立ってしまうような傷も、淡く味わい深さに変えてくれるような気がします。

それにしてもこの146には長い間世話になっています。

受験勉強の中心にあったのもこれでしょう。ということで、インクを抜いて休ませています。

たくさん使っている万年筆だからこそたまる汚れもあるのです。

基本的につかわないほうが詰まってしまうという問題が起きますが、使えば使うほどやはり汚れもつきますし、おそらく紙が引っかかってしまうこともあるでしょう。

なんといってもやはり時々のお休みとメンテナンスが大切ですね。

|

« セーラージェントルインク色織々 「桜森」 | トップページ | 国立国会図書館 »

コメント

静かなたたずまい。
受験が終わった落ち着きを表しているといってもいいのではないでしょうか。

私も受験が終わった後、バタバタしてはいたのですが、ふと思い出したかのように、(受験の後に控えた)卒業式の日に後輩達に手紙を書こうと、静かに万年筆を使っていたのを覚えています。

受験の後にペンを使う口実は、勉学ではなく別の物にしたい…そう思っていた自分。今も勉強にペンを使うことはありますが、しかし、高校のころに比べて、思いを認めるペン遣いの機会が増えたように思います。
もしかするとこの写真は、受験を終えたkoukiさんが、これから、勉強中心に使ってきたペンを、勉強と思いを認める機会と、その他用途を広げていく出発点の、その前の落ち着きの写真なのかもしれません。

投稿: 達哉ん | 2010年2月25日 (木) 02時43分

>>達哉んさん
コメント有難うございます。

まだまだ結果待ち(明日までですが)で落ち着きませんが、落ち着きを得ようと必死です。

手紙ですか、私も受験の仲間たちや学校の友人など書きたい人はたくさんいるなとおもいだしました。
万年筆は日常的にメモ書きや勉強に使いつづけるのでしょうが、やはり手紙を書くときには別の魅力がありますね。
せっかく書き慣らしたペンですから、自分の指として思いを伝える機会も増えていくのでしょう。

投稿: kouki | 2010年2月25日 (木) 11時26分

お久しぶりです。

受験が終わり塾に行くことも無くなり、会うこともなくなりましたね。勉強をしなくて良くなると毎日毎日、時間がたくさんありますね。
何をしていますか?
充実した毎日をおくっていますか?

次に会う日が来るのかも分かりませんが(3月18日?)、お元気で。

サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

投稿: small mountain and rice field | 2010年2月25日 (木) 13時06分

>>small mountain and rice fieldさん

お久しぶりです。

毎日毎日だらだらした生活を…という一面もありますが、ある意味楽しんで結果を待っています。
学校の卒業式なども近づいてきて、また忙しくなるのでしょう。

次にあう日、楽しみにしています。
また、ふと思い出したらこのブログへ遊びに来てくださいね

投稿: kouki | 2010年2月26日 (金) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33519142

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に写真:

« セーラージェントルインク色織々 「桜森」 | トップページ | 国立国会図書館 »