« 駒澤大学経済学部 T方式 | トップページ | 立教大学 異文化コミュニケーション学部 個別入試 »

2010年2月 8日 (月)

セーラージェントルインク色織々 「雪明かり」

Dsc02475

今日は受験日程がなかったので、塾で自習をしていたのですが、せっかくなので新しくインクを購入して使ってみました。

あまり取り上げるブログがないように思えて気になりましたので、セーラーの季節系インクを購入してみました。

パイロットの色彩雫(いろしずく)の後を追った商品…といったイメージがかなり強いインクですが、どうでしょう?

Dsc02476

汚い字で申し訳ありませんが、

明るい水色であることをお分かりいただけるでしょうか。

そして、特徴としては、インクの濃淡が強く、一部は紙に溶け込むように白から水色のグラデーションのようになるところがあることです。

雪明りとのことですから、イメージどおりの色の出でいいなぁと思いました。

今年のトレンドカラーはターコイズともいわれますので、活用していきたいインクですね。

リザーバーもプロフィット21と相性抜群で、首軸を汚すことなく吸入でき、ありがたいです。

いつかさまざまなターコイズ系インクを試して比較してみたいですね。

|

« 駒澤大学経済学部 T方式 | トップページ | 立教大学 異文化コミュニケーション学部 個別入試 »

コメント

 こんばんは~
 セーラーの冬季限定インクをお買いになられましたか。
 まだ新宿の世界堂には残っていましたね。自分は常盤松を購入しました。
 この常盤松、書いている時は、フツーに緑ですが、インクが乾くと、渋いいい感じの緑になります。
 書いているときと乾いたときの色合いがかなり違います。
 雪明はどうでしょうか。

 受験がんばってください。月並みですが、風邪をひかないように気をつけてくださいね。
 
 ではでは~。

 

投稿: サイクル | 2010年2月 8日 (月) 01時19分

セーラーのインクですか…
確か、混ぜる事が出来たとか。
これと赤を混ぜたいです。
そうすると、ヘドロ色になるかも。

投稿: 金属男 | 2010年2月 8日 (月) 23時05分

 金属男さん
 セーラーのジェントルインクは、プライベートリザーブインクと同じく自分で調合することができますよ。やってみては?
 うまくいかなければ、セーラーのインク工房にいってみては? ホームページで確認できますのでね。
 でも、ヘドロ色のインクを頼むのはやめましょうね。石丸先生が困ってしまいますかね。

投稿: サイクル | 2010年2月 8日 (月) 23時45分

コメントありがとうございます。

>>サイクルさん
限定とのことですが、私の身の回りのお店には結構あるみたいです。
常盤松も迷いまして、最後、雪明りに決めました。
機会があれば松も試したいところです。セーラーのインクはマットな色調がでるようなそんな感じがして、いいなぁと思います。

>>金属男さん
セーラーのインクは混色可能ですからいろいろ試せそうですね。
以前あった、普通のカラーインクを使えばもっと楽しめるのでしょう。
ぜひ、試したら教えてくださいね。ヘドロはさすがにつかえませんが(笑

投稿: kouki | 2010年2月 9日 (火) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33289841

この記事へのトラックバック一覧です: セーラージェントルインク色織々 「雪明かり」:

« 駒澤大学経済学部 T方式 | トップページ | 立教大学 異文化コミュニケーション学部 個別入試 »