« 第49回Wagner定例会 | トップページ | プラチナ ペントレイ »

2010年1月26日 (火)

ドバドバのプレファス、どのくらいかけるの?

Dsc02447 昨日のwagner定例会で調整していただいた、

プレファスLニブで、どのくらいかけるか試してみました。

Lニブはウォーターマン独自の極太字。

ペリカンやモンブランのBBなどとは違い、ペンポイントの厚みがあり、パイロットのコースのような"まぁるい書き味"を楽しめます。

研いでいただいたので、本当にドバドバに、半端ではないインクフローになっています。

ペン芯がついてこなくなってしまうこともありますが、コンバーター一回分使って、1,2回ほどしかおきませんでした。

さて、結局、A4で4枚目にインク切れという結果に。

(パイロットの黒インクにて)

かなりのインク出なので紙も曲がってしまっています…。

ですが、書いて物事を覚えようというときには最高に気分のいいペンです。もちろんインク代はかさむかもしれませんが…

ドバドバだけが万年筆ではありませんが、この書き味も魅力の一つ。一本あると楽しい極太字万年筆でした。

|

« 第49回Wagner定例会 | トップページ | プラチナ ペントレイ »

コメント

師匠への挑戦ですか…
それにしても、燃費が悪い。
でも、書き味は特別です
一本欲しいな…

投稿: 金属男 | 2010年1月26日 (火) 22時54分

>>金属男さん

師匠の調整品はさすがです。すさまじいインクフローですよ。
燃費が悪いのも楽しみのうち?なのかもしれません。
ぜひいつか手に入れられるといいですね。意外とLニブも市場にでていますし、パイロットのコースも十二分に楽しませてくれることでしょう。

投稿: kouki | 2010年1月26日 (火) 23時46分

kouki君~、シェーファーのBニブも忘れちゃあなりませんぜ。
桜が咲く頃に、お貸ししましょう。
いっそ調整、お願いしますかね。

投稿: 蓮覇fe500rs | 2010年1月27日 (水) 00時01分

>>蓮覇fe500rsさん

シェーファーのB…。まだ試したことがないかもしれません!
ただもう響きからして気持ちよさそうですねぇ
シェーファーの硬さが太字にうまくなじんでくれそうです。
楽しみにしていますね。

調整を…ということになるのであれば、ペンポイント飛ばされる覚悟でお願いします(笑

投稿: kouki | 2010年1月27日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33126968

この記事へのトラックバック一覧です: ドバドバのプレファス、どのくらいかけるの?:

« 第49回Wagner定例会 | トップページ | プラチナ ペントレイ »