« プラチナ 顔料ブルー 2 | トップページ | 第49回Wagner定例会 »

2010年1月24日 (日)

モンブランローラーボール試筆

Dsc02443 ローラーボールは意外にもちそうで持たないものですから、またまたレビューしたいと思います。

それにしてもとにかくローラーボールはスマートでかっこいい筆記具です。

万年筆が出せないとき(ゆれる電車など)、さっと出してメモすれば、素敵な気分に浸れます。

海外で割と人気のローラーボール、せっかくなのでブルーのインクを使っています。

写真のとおり、さっぱりとした青です。

いやぁ、持ってみると本当にはまる筆記具です。

キャップ式のボールペンというのが見た目もよく、はまるんですね。

ぜひとも一本お使いになってみていただきたいです。

|

« プラチナ 顔料ブルー 2 | トップページ | 第49回Wagner定例会 »

コメント

確かに、普段のちょっとした瞬間に使うのがいいですよね。
心を落ち着けないといけない万年筆と比べて、すぐに書けますから。
いくら筆圧をかけても、大丈夫で、しかもすらすら。

個人的には、オートのローラーボールが好きです。
ローラーボールは、インクの粘り気が無いので、すぐにボールが駄目になるからです。
オートのボールはセラミックですから。

投稿: 船丸(金属男) | 2010年1月24日 (日) 08時11分

>>船丸(金属男)さん

コメントありがとうございます。そして今日の例会ではどうも。
油性ボールに比べれば、比較的スムーズで、扱いやすさはおなじくらいですから便利な筆記具です。
しかし、それにもかかわらず万年筆を手にとってしまうのは、自分の味を素直に表現できるからでしょう。

オートのローラーもなかなかいいですね。一時期使っていました。

それにしても金属男さんの文具観は深いですね。ぜひ文具のブログ等作っていただきたいです。
こちらからリンクしたいですし、拝見したいのでぜひお知らせくださいね。

投稿: kouki | 2010年1月24日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33102097

この記事へのトラックバック一覧です: モンブランローラーボール試筆:

« プラチナ 顔料ブルー 2 | トップページ | 第49回Wagner定例会 »