« ペン芯の研究 | トップページ | モンブラン ロイヤルブルーインク »

2010年1月31日 (日)

パイロット・ペントレー

Dsc02457 今日はパイロットのペントレーを紹介しましょう。

ロゴによれば、昭和34-64年のペントレイということになるでしょう。

パイロットロゴの変遷と年代については、ここに詳しく載っています。

さてパイロットのショートタイプを並べてみましたが、ここまで統一すると本当にお店の光景が目に浮かびます。

ショートタイプを完全に集めるにはまだまだ本数が足りませんが、だいぶ立派になってきました。

|

« ペン芯の研究 | トップページ | モンブラン ロイヤルブルーインク »

コメント

ショートタイプいいですよね~
簡単に持ち運べて安い価格で金ペンが買えますから。
でも、耐久力に難があります。
書き味は良いのですが、やっぱりコストダウンの為?

投稿: 金属男 | 2010年1月31日 (日) 06時45分

>>金属男さん

あまりショートタイプは持ち歩いて使うことはないのですが(コレクションですので最初1、2回つかうとしまいこんでしまいます…)、耐久性が低いとのこと若干不安ですね。
保存状態はたいていよく、モンブランなどと比べればクラックが入っているものも(中古品でも)見かけませんがどうでしょう。
コストダウンに関しては、材料よりも大量に作られ、使われた時代であったからという見方が強いのでは?
また、一本増やしましたので、そのうち紹介します。

投稿: kouki | 2010年2月 1日 (月) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/33186440

この記事へのトラックバック一覧です: パイロット・ペントレー:

« ペン芯の研究 | トップページ | モンブラン ロイヤルブルーインク »