« プラチナ チューリップ | トップページ | Pen of the Year 2009 »

2009年12月29日 (火)

セーラー長刀レビュー(でどのくらいかけるの?)

Dsc02346

セーラープロフィット21長刀研ぎ、今日も使いました。写真をとってみるとやはりはえます。

21Kに24K鍍金のペン先は重い存在感があり、魅力的です。

さて、どのくらいかけるのでしょうか?

ということでおなじみのことをしてみました。

Dsc02348

セーラー純正の黒カートリッジを二本使用。

結果は以下のとおりになりました。

一本目(英文主体) A4 6枚

二本目(和文主体) A4 6.5枚

かなりつめて書いています。

写真をごらんいただければわかると思います。

さて、まぁほどほどの量になったのですが、やはり長刀中字はかなりの太く書け、そしてインクフローもすばらしいです。

おかげで体感的にはかなりインクを消費している気がします。

今回はブラックのインクを使いましたが、ブルーのインクを使うとインクの濃淡が綺麗にでます。

セーラーの万年筆の哲学…なのでしょうか。

|

« プラチナ チューリップ | トップページ | Pen of the Year 2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/32773980

この記事へのトラックバック一覧です: セーラー長刀レビュー(でどのくらいかけるの?):

« プラチナ チューリップ | トップページ | Pen of the Year 2009 »