« セーラー長刀レビュー(でどのくらいかけるの?) | トップページ | 杞憂… »

2009年12月30日 (水)

Pen of the Year 2009

Dsc02352

今年ももうすぐ終わりますね。

あっというまの一年でした。

2009年の万年筆ライフを振り返ってみますと、やはり国産品のよさというものがわかった一年だったと思います。

そんな一年でしたが、今年の私が一番印象深かった万年筆、Pen of the Yearは

Montblanc MeisterStuck 146

です。

手に入れたのはだいぶ前で、普段から使っていたペンなのですが、ながく夏期講習やまた今の受験に向けて追い込みをかける冬にずっと握っていると、いままで見えてこなかったものが見えてきました。

よくあるデザインで、さまざまなメーカーから出ているサイズ。ある意味非常にベーシックな面白みのない万年筆です。

ですが、それだけに深い意味というかを感じます。

不思議と手になじみ、いい意味で黙って仕事をしつづけてくれるこの146。

またペンポイントもだいぶ自分好みになってきました。最近はこれに影響されまして、国産品の似たデザインのものもさまざま試して、その奥にあるメーカーの考えや歴史をゆっくり感じたいと思います。まずその一つはセーラーの長刀です。

生涯持ち続けたい一本。愛着のある一本。そんなこの146を今年のPen of the Yearにしたいと思います。

|

« セーラー長刀レビュー(でどのくらいかけるの?) | トップページ | 杞憂… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/32784883

この記事へのトラックバック一覧です: Pen of the Year 2009:

« セーラー長刀レビュー(でどのくらいかけるの?) | トップページ | 杞憂… »