« インクいろいろ | トップページ | ステッドラーMars Rasor »

2009年10月 9日 (金)

国産三社を比べてみて

Dsc02148 国産三社、パイロット、プラチナ、セーラーを半日つかってみました。

パイロットエリートロング14k F

セーラーホスカル14k F?

プラチナショート18k 細軟

三本とも細字で、インクはすべてメーカーのインクをつかいました。

かなり主観的ですが、書いていておもったことは、パイロットはさらさらという書き味で、やわらかさは、素直にしなる感じでした。

セーラーは久々に書きましたがにゅるにゅるインクが出てきます。まだペンポイントが丸っぽいのかなぁという印象をうけるようなつるつる感がありました。ペン先は戻りが強い、つまり開いた後にすぐにすっと戻る印象でした。

プラチナはカリカリするんですが、不思議にこれがしっくりくるんですね。

しなるというよりはぺらぺら開く感じでした。

書き味に関してはどれもペン先の形状が違いますし、はっきり言い切れませんが、やはり万年筆には個性がありますね。

どれが一番というわけでなく、どれも独特で書きやすかったです。

|

« インクいろいろ | トップページ | ステッドラーMars Rasor »

コメント

パイロットはインキのせいなのかサラッとしてますね。一度血迷ってシェーファーのブルー・ブラックをデラックス漆に入れたらフローが渋くてまいりました(汗)
セーラーはkoukiさんのレビューのような感じですね。鉄ペンでも金ペンでも細字だとあまり変わりません。
プラチナは18K細軟しか使ったことがありませんが,何やらザラザラするわ,フローは渋いわ,全然柔らかくないわ・・・

まったくもって万年筆は個性的ですね。

投稿: mercuryo | 2009年10月 9日 (金) 17時28分

>>mercuryoさん

比べてみるとやはり違いがわかりますよね。
好みもあると思いますが、個性を大事にしたいですね。

投稿: kouki | 2009年10月 9日 (金) 23時43分

こんばんは

わたしの感想。

パイロット、高速筆記ができる、すらすらした書き味。5mm方眼ははみ出すことが多いです。
このペンを、わたしの基準にしているのです。
(カスタム742細字)

セーラー、ゆっくりと日記を書きたくなる紙あたりの柔らかい書き味。5mm方眼にきちんと収まります。(KANのEF川口マジックつき)

プラチナ、仕事場で使ってます。きっちりとした文字が書ける。
漢字がつぶれない。
ボールペンやシャープペンとやわらかさの落差が少ないのもいいですね。
(ベラージュ中字)

投稿: 白髪猫 | 2009年10月13日 (火) 21時48分

>>白髪猫さん

コメント有難うございます。
セーラーはあまりわからないのですが、パイロットのすらすら感とプラチナの印象は非常に良くわかります!

それにしてもいろいろと違いがあるものですね

投稿: kouki | 2009年10月13日 (火) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/31709928

この記事へのトラックバック一覧です: 国産三社を比べてみて:

« インクいろいろ | トップページ | ステッドラーMars Rasor »