« 国産三社を比べてみて | トップページ | 修理完了! »

2009年10月10日 (土)

ステッドラーMars Rasor

Dsc02149

今回はステッドラーの古い消しゴムを紹介しましょう。

後ろにある世界の文房具(1977年)の雑誌に掲載されていた商品です。

鉛筆用で、150円だったとのこと。

製図用品らしいシンプルなデザインです。

あまり面白みはありませんが、箱も残っていますし、中身も結構入っているので、古い文具らしい雰囲気を味わえます。

そしてちゃんと資料があってよかったです…

|

« 国産三社を比べてみて | トップページ | 修理完了! »

コメント

ステッドラーの古い消しゴムですか・・・
と思ったらウチに同じヤツが転がってました(笑)
MARS RASOR 527 30ですね。

投稿: mercuryo | 2009年10月10日 (土) 13時17分

こんばんは。

このシリーズの資料本は極めて内容が濃いかと思います。文献等を含め、本は人の価値観・視野を広くします。モノとは何ぞや? というと、極論すればモノを製造できる仕様書・図面、要はドキュメントとなる事でしょう。要はドキュメントとは最終成果物でもあるわけです。貴殿には今後とも現物検証と資料をバランスよく組み合わせた有益なる情報発信を大いに期待しています。

ここ数年のブログ情報の発信内容を見ていると、やはり10代の貴殿のような若い人の情報の質が際立っていますね。社会人としても一番パワーのある20代~40代の発信がおぼつかないのが少し不安と感じる今日この頃です。

ということで、結論としては多くの方々が貴殿の資料性のある情報を見守っているという事になるでしょう。

投稿: stationery | 2009年10月10日 (土) 23時21分

コメント有難うございます。

>>mercuryoさん
同じものをお持ちでしたか!
実はうちの父も昔こんなの使ってたなといっていました。
言うほど古くはない品ですが、しっかり箱付きなので大切にしたいです。


>>stationeryさん
本当にこのシリーズの本はよくできていますね。多種多様な古い文具が掲載されていて、眺めているだけでも楽しく、またこのように品物を探すときにも役立ちます。
資料と現物の組み合わせ、大切なことですね。
これからもなるべく調べられるものは調べきって、記事にしたいです。
ぜひともみなさまご協力お願いします。

いつもお褒め頂きありがとうございます。
毎日これからも続けていきます。

投稿: kouki | 2009年10月11日 (日) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/31722847

この記事へのトラックバック一覧です: ステッドラーMars Rasor:

« 国産三社を比べてみて | トップページ | 修理完了! »