« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

パイロット萬年筆用ペン

Dsc02101

ワイドサイズの写真をトップに使うとちょっと印象的なので、最近はまっています。

今回は前回のWagner定例会でもお見せした、パイロット萬年筆用ペンを紹介します。

付けペンのペン先のようなものがたくさん入っている箱です。

しかし、このペン先は、万年筆用。昔は、お店でペン先を付け替えてくれていたのですね。

今となっては店がペン先に手をくわえるなどというのは専門店でしかできませんが、昔は多かったのでしょう。

今回はパイロット合金ペンとかかれたスチールペンが入っていましたが、金ペンのタイプもあったとか。

価格も箱の裏側に走り書きでメモされていました。

ずいぶん古い品物ですので、また昔に思いをはせることのできる一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

メントモアAuto-Flow

Dsc02100

今日は前回の定例会でいただいてきた、英国メントモア社の万年筆を紹介します。

Auto-Flowと呼ばれるモデルのようで、1920~30年代の万年筆です。

私の持っているペンの中でずば抜けて古いものとなります。

ペン先は14Kですが刻印は薄れてきていて非常に読みづらい…

また軸やクリップにも傷が多いです。

インク吸入方式はボタンフィラーということで、尻軸をはずしてボタンを押して離すと吸入できます。

黒いエボナイトの軸とキャップには細かな模様が掘り込まれていて、これまたはまります。

時折、木のように見えるときもあります。エボナイトはエボニー(黒檀)に似ているとつけられた名前であることを考えれば当然かもしれません。

これをいただいてきたのは、ペン先がリチップで若干難があるから。しかし、十分当時の書き味をうかがい知ることができるペンです。

古いペンなので、インク漏れや傷など問題もありますが、このペンが私の手元に届くまでどんな風に世界中を飛び回っていたのか。

そしてこのペン先はいったい何を写してきたのか。そんな風に考える時間が楽しくて、毎日持ち歩いて使っています。

ビンテージペンの喜びのひとつはきっとこういうことなのでしょう。

もちろん独特の書き味に惚れる人も多いですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

消しゴムハンコ

Dsc02099

友人から消しゴムハンコをいただきました。

まず一つもらいまして、非常に上手だったので、二つ目(写真のもの)をお願いしました。

万年筆のペン先とKの文字(もちろん私のイニシャル)を入れていただいたので、いろいろ使えそうです。

最近のお気に入りのMDノートの表紙に押してみました。

スタンプならではのかすれた感じが味わい深い…

これからノートの表紙に押すことにしましょう。そして、手紙を書くときなんかにも使いたい!

手作りの風合いが非常によくて、最近の手放せないアイテムの一つです。

スタンプ台はお店でみかけた、VersaMagic デュードロップというものを使っています。

さまざまな色が選べる上、色を買い増したら積み上げておけるスタンプ台です。

デザインも洒落ていて使いやすいです。

それにしても作ってくれた人には非常に感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

Wagner定例会/古山浩一 万年筆画小品展

Dsc02096

今日は恵比寿でWagner定例会と古山画伯の万年筆画展へいってきました。

万年筆画展が行われたギャラリープラーナは小さいですが綺麗な建物で、さまざまな万年筆で描かれた作品が並んでいました。

定例会も充実の一日で、今日もいくつか万年筆をいただいたり見せていただいたりできました。

なにもかも忘れて楽しめた気がします

インキ止め万年筆やエリートSの修理もできました。

それにしても、今日見せていただいたパイロットのSignatureペン先は書きやすかったです…

*サイドバーに特集ページというコーナーができました。自分なりにまとめた記事をここに紹介していますのでご利用ください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

リスシオ1とMDノート

Dsc02090 最近、書き味にこだわった紙が多く登場しています。

その中でも二つ取り上げてみます。

まず、MidoriのMDノート。

便箋など紙製品をあつかうMidoriの本気のノートです。

ノートとはいえ、文庫本サイズや新書サイズもあるので、本のように扱うことが狙いのようです。

MDノートは早速使っていますが、紙の上から下までにじみ・裏抜けのないいい紙です。

ブックカバーをつけて使うことができるので、本当に本のようになります。

そして下にあるのがリスシオ1

数量も限られているという、神戸のノートです。万年筆のためにというコンセプトのもと設計された特殊な紙とのこと。

まだ使っていないのでなんともいえませんが、やはり普通のノートより紙の触ったかんじがいいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

うれしいですが…

Dsc02088 今日、ふと時々行く商店街の文具店に立ち寄りました。

なにやら騒がしいと思っていると、なんと閉店して、掃除をしているところでした。

なんにも考えられずにたくさんの文具が箱につめられて業者に送られていました。

おそらくそのまま捨てられてしまうようです。

店の方が好きなもの何でももっていっていいといってくださったので、インク類やルーズリーフ、シャーペン、製図ペンなど大量にいただいてきました。

カートリッジインクに限ってはほぼすべて箱でもらってきているレベル。大量にもらえました。

素直に喜びたいところですが、このように閉店してしまい大量のものが捨てられている事実に目を向けると悲しい限りです。

今回私のところにやってきたものたち。君たちはまだまだ生きていける。

使われ、保存され、どうにしろ愛されるべきものなのだから。

そんな風に思って若干切ない気持ちです。

せっかくここに来たものですから、ブログで紹介したり、誰かに渡して使っていただいたりと、活用していきたいものです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

プラチナ RG-100(?)

Dsc02086

最近はずっとパイロットを紹介してきましたが、今日はプラチナを紹介します。

しかし、これ、キャップがありません。

その上、軸も一般的な緑のロング軸…ということで正体不明です。

軸のかすれた文字によれば、RG-100とのこと。

小さな14Kのペン先ですがかなり柔らかなペン先です。

ペラペラな感じの柔らかさで、プラチナリビエールを更に極端にしたような書き味です。

ペン先には地球のマークにS★Nと書かれたロゴもあり、古きよき時代といった感じです。

キャップなしでは使いようもなく、とっておいているだけですが、そのうち適当なキャップをつけて持ち歩きたい一本です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

パイロットエリートステンレスキャップ(ES-200SS)

Dsc02084

今日もパイロットのペンを紹介しましょう。

パイロットエリートSのステンレスキャップモデル(ES-200SS/1970年発売)です。

キャップのみがステンレスのものです。

黒の胴軸に銀色のキャップに金のトリム。

非常にスマートなデザインで、今もっているなかで一番気に入っているデザインです。

2000円ということでそんなに高いモデルではなかったのかなと思いますが、今でも十分美しい組み合わせだと思います。

ペン先は18KのこれまたScript。

太字など他の字幅もはやくお目にかかりたいですね…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

二種類のエリート

Dsc02076

今回はパイロットの古いモデル、エリートを紹介します。

さて奥のペンはすでに紹介したものなのですが、今回手前のもの(ES-500BS)を手に入れました。

奥のものより後のモデルで、クリップや細部のデザインが若干異なります。

以前紹介した長いパイロットエリートと同じ時期と思います。

このエリートはデッドストックだったので非常に外見は綺麗な状態です。

傷一つないのではないでしょうか。

Dsc02078

ペン先も大きなサイズのもので満足です。

私の持っているロングサイズは14kですが、今回のものは18k-F。

穂先が長くてすごく好みです。

しかし、この万年筆には大きな欠陥が。

首軸に3つほどクラックがあるのです。

このままインクをいれたりしたら、大変なことになります。

というわけでいれずにとっておいていますが、早く修理したいところです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

Pilot E-300

Dsc02075 今日もパイロットの万年筆を紹介します。

最近、一番コレクションが多いメーカーはパイロット。

そこそこデッドストックが見つかるので、綺麗な状態のものも多いです。

何よりアフターサービスの充実もうれしいですね。

今回は当時3000円だった、E-300。Wカートリッジの万年筆です。

ペン先は14kのスクリプト。割と大きめのペン先です。

硬いですが、そのままいじらずに快適に使えます。

長さ、太さともベーシックな大きさで、普段使いできると思います。

Wスペアーということでカートリッジがもったいない気もしますが、うちにはたくさんありますので…

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

プラチナ・ポケット 銀杏

Dsc02072  プラチナのショートタイプ、ポケットの銀杏柄です。

金属のボディが真っ白に塗られています。

銀杏の柄の万年筆というのもある意味珍しいかもしれません。

ペン先は小さめですが18金。

これは細軟がついています。

この秋の季節、せっかくなので使ってみることにします。

インクも秋に合わせて、色彩雫の夕焼け。

四季に合わせて選ぶ万年筆というものもあるということです。

最近、プラチナの万年筆には肥後象嵌がありますが、その模様に銀杏と桜があるそうです。

プラチナは銀杏がすきなのでしょうか…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

Pilotカートリッジインク

Dsc02070 昨日に引き続いてパイロットのインクを紹介します。

今回はカートリッジインク。

ご存知のとおり、カートリッジインクは現行でも使われている

「シングルスペアー」

過去に使われていて今は存在しない、

「ダブルスペアー」

インクがあります。

今ではめずらしいダブルスペアーインキですが、なぜか今、4箱ほどストックがあります。

しかし、ダブルスペアインキのストックがない方も、コンバーターは今も入手可能ですのでご安心を。(取り寄せで対応できるそうです)

ダブルスペアの万年筆は、カートリッジが二個はいり、ちょうどヨーロッパ互換のカートリッジのように使うことができます。

ダブルスペア式の万年筆はまた後日紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

Pilotボトルインク

Dsc02069 昭和34年~昭和64年のパイロットのボトルのインクです。

パイロットのページでロゴの変遷が紹介されているので、年代がすぐにわかります。

かなり古いインクなので、実用するにはどうかと思いますが、非常に時代を感じるデザインでながめていて楽しいです。

60ccのインクですが価格は、200円。

いやぁ、自分はしりませんが、そんな時代があったんですね。

ちなみに、この一つ後の時代、平成元年~平成10年のインク(30cc)は300円です。

物価がすごくあがった気がします。今は30ccで400円です。

時代を超えて良心的価格を死守してくれているなぁと思います。

この写真のインクの箱には、

パイロットインキには万年筆用の他

あらゆる用途にお使いいただける次の様なインキがあります。

・水性記録計用

・油性記録計用

・水性打点式記録計用

・木材用

・金属用

・スライド着色用

・製図用色インキ

・アウトドアーインキ

・証券用

・朱墨汁

と書かれています。

正直、ぜんぜん知らないインクばかりです。手書きの減少、またさまざまな便利な筆記具が登場してきたことを実感させられます。

現在も製図用、証券用のインクは残っていますね。

パイロットはインクに対するこだわりも強いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

パーカー45 金張り×グリーン

Dsc02068 今日は金張りのパーカー45を紹介します。

ついに30本めの金ペンです。

キャップのみ12金張りで、軸はフォレストグリーンの軸です。

金と緑、いかにもビンテージな感じが魅力です。

ニブは14kのMニブ。

無調整ですが、十分書きやすいです。

最近Mニブの書きやすさというものを感じることが多いですね。

いかにも高そう!といったマイスターのような雰囲気とはちがった、おしゃれな高級感があって、気に入りました。

ちなみに最近、突然毎日のように万年筆を買って記事にしている気がしますが、非常に安く売って下さるお店を見つけたからです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

「万年筆の生ける化石」

Dsc02066 さて、今日は私の万年筆の中ではじめての、

インキ止め式

を紹介したいと思います。

古い文房具屋さんでたまたま見つけたメーカーもよくわからないペンです。

まず大きさ。

145と並べてみるとなんだか威厳漂う大きさです。

おそらくエボナイトっぽい軸と金張りのキャップ。

繊細な高級感というより、本当におもおもしさのある、万年筆です。

逆にこれぞ万年筆という気すらします。

Dsc02067

インキ止めのバルブを開けるとこんな感じです。

ペン先、首軸が独特のデザインで、魅力を感じます。

まだまだ整備が必要なようでコルクや接合部の心配がありますが、早く使ってみたいです。

修理先について、今回はインキ止め萬年筆愛好会の方にお聞きしていろいろと教わりました。ありがとうございます。

決してカラフルでもなくスマートな印象を受けるわけでもありませんが、インキ止めならではの充実感、満足感に浸っています。

ペンについての細かな情報は得られないままです。

軸にはPennant S.Y Proと書かれています。

ペン先に「Biirgen Phoenicx Sure Balle」と刻印されています。

情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご連絡ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

プラチナ ポケット 22k

Dsc02065 29本目の金ペン、プラチナのポケットです。

シルバーという名称で(材質がシルバーというわけではないようです)、22Kのペン先がついています。

当時の価格は5000円。(値札より)

なかなか高級ラインの万年筆であったようです。

字幅は細字で国産ならではの滑らかさを感じます。

22Kのペン先だからといってやわらかいわけではありませんが、濃い金色のペン先な気がします。

なんとなく金純度の優越感を感じるのはこのペンの狙いでしょうか。

ボディはポケットらしい丸い感じなのですが、これは先が四角く、中に行くほど丸みがでてきます。

現在はないこの22Kペン先、一本は手にしておきたかったので、うれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

サファリ改造その1

Dsc02064 サファリの改造、記事にしていませんでしたが、ちょっとすすみました。

軸にスイッチをつけるための穴を開けました。

さてここからどうするか…

かなり時間がかかっていて申し訳ありません。

ゆったり続けていきたいと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

勉強風景

Dsc02063 今日も塾で勉強していました。

大体授業を受けているときはこんな感じの風景です。

家で再現してみました

今日新しくレポート用紙を買ってみました。ライフのファーストレポートです。

そのレビューはまた今度書こうと思います。

忙しく板書していますと、こんな感じに筆記具が散らばることもありますね。

基本的にノートを取るには

Montblanc Mst 146:パイロットブルー

Parker Duofold:ペリカングリーン

Parker 75 シズレ:プラチナレッド

G-vファーバーカステル ギロシェ ペンシル

この四本で足ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

手帳

Dsc02062 今日は私の愛用の手帳を紹介します。

レイメイ藤井のダビンチシリーズの小さなシステム手帳です。

かなりコンパクトで、いわゆるジャストリフィルサイズ。

結構長く使い込んでいて、革製品ならではのつやが出てきたかなと思っています。

この手帳は非常に便利でお気に入りなので、ずっと使っていたいです。

いつか切れてしまったりしたら修理など出せるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

フェンテ47号

Dsc02059 フェンテの47号が届きました。

編集、運営されている方々、お疲れ様です。

楽しく読ませていただいています。

さて、今回もたっぷり万年筆にまつわるお話の入ったフェンテですが、一緒に入っているチラシ(?)にも注目です。

まず、インキ止萬年筆愛好会が発足したというニュース。

インキ止め式の好きな方々が集まって、ファイルをまとめているそうです。

インキ止め、一本くらいは手に入れてみたいですね。カスタムのプランジャーくらいになってしまうのでしょうか。機会があれば手に入れて、使ってみたいです。

また、万年筆画の古山浩一さんの作品展の案内もありまいた。9月15日から27日、恵比寿のギャラリープラーナで行われるそうです。

そしてフェンテの会合も近づいてきました。

10月の24/25に行われるそうです。昨年行ったときは時間がなくてあまり交流できませんでしたが、今回はたっぷり満喫してきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

センター試験、出願!

Dsc02058 センター試験の受験申し込みが始まっています。

日程等を紹介するつもりはありません。

ここはステーショナリーのブログですから。

さて、申し込み案内を見たところ、黒か青のボールペンでとのことでした。

割と分厚い紙なので万年筆で書きたかったです…

さて、これからいろいろな入試関係の書類を書かなければいけないと思いますが、今回はBPとのことですので、ノブレスを出してきました。

ノブレスのツイストタイプと写真のノックタイプ、二つ持っていて、青と黒を入れています。

今回はこのノックタイプの黒で。

古いリフィルですが、なかなか書き味は良好。最近、流行のジェットストリームのようなすらすら感のないねっとり系の書き味です。

比較的高級ボールペンといわれる部類はねっとり系が多いですね。

最近やっとデュポンのデフィのようなすらすらが出てきましたが…。

しかし、ある意味、サインや申込書をしっかり書くときは、ねっとり系のほうが気持ちが落ち着く気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

あなたもきっと騙される! 偽物筆記具にご注意

昨日の記事にコメント、ありがとうございました。

今回の記事はあまり詳しくない方にはわからないと思います。すみません。

流していただければ結構です。

答えの代わりに分解図を紹介いたします。

首軸を引き抜いてペン先をペン芯から取り外した写真です。ペン先の裏は、ペーパーで削りました。

説明は不要と思います。

18Kと堂々と書かれたペン先ですが、裏を削ると銀色に。ステンレスのペン先です。

かなり精巧にできた偽物の筆記具があります。

ものによっては、軸色やモデル名、メーカー名などが異なった簡単な偽物もあります。

しかし、私が今回手にしたものは、かなりこまかなものでした。

正直、本物を触ったことがある自分でもわかりませんでした。

みなさまお気をつけくださいね。もちろん、お店で買ったものではなく、路上でかなり激安で購入してしまいました。

詳しい情報、必要な方はメールで。

また、Wagner定例会などでお会いすることがある方には直接お見せできると思います。

コメントにも言及されているかたがいらっしゃいますとおり、

偽物の購入金はもちろん、よろしくない方向に流れることでしょうし、本当のメーカーに与える被害もありうると思います。

今回、購入してしまった深い反省をこめまして、注意啓発の記事にいたしました。

お気をつけください。

追記:海外サイトに情報がありました。ぜひ見に行かれてください

http://www.penhero.com/PenGallery/Parker/ParkerSonnetClones.htm

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

これ、なーんだ?

ペン先の写真

答えを知らないで、この写真だけで当てた方はすごい…。

100点満点の回答にぜひコメントで挑戦してみてください!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

引き出し

Dsc02050 先日部屋を掃除したときに、引き出しの中を綺麗にしました。

机の左下にある引き出し、完璧に万年筆仕様に!

まず、この用にインクをずらっと並べました。

モンブランのインクビン、結構たまりましたねぇ。

ペリカンもお買い得なので、日常的に購入してしまいます。

アルミの引き出しに、青い布をしいて入れただけですが、ずいぶんと高級感がでました。

もちろん持っているインクはこれだけではないので、雑多に箱に入れているものもありますが…

机周りや部屋がどんどん万年筆仕様になっていきます。

非常に気分がいいです(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

パイロットインク70ml

Dsc02048 パイロットのインク、中型を購入しました。

小さな30mlのインクは意外と早くなくなるので、大きめのものを。

この70mlのビンは特徴的で、ふたを閉めてからひっくり返し、ビンの内側にあるインク溜めにインクを溜めてから吸入するという仕様です。

パイロットのプランジャー式が使いやすいようにできているのでしょう。

さっそく一度吸入してみましたが、なれないうちは難しいです。

使っているうちにおそらく使いやすくなるのでは…?

量 対 価格で考えると30mlを二瓶買うのとあまり変わらないですが、このボトルはぜひひとつもっておきたいですね。

パイロットのインクはもう一つ、350mlという他の追随を許さない大瓶がありますが…これはいつかかうことになるのでしょうか?

まだためらいがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

模様替え

Dsc02046

模様替えというタイトルのとおり、部屋の掃除をしました。

そして、昨日の夜にブログの改装をしました。

トップの写真、カテゴリの若干の変更、お気づきですか?

さらに自宅のコンピュータを変えました。

パソコンというよりはワークステーションに近いスペックです。

Xeonを二つ積んでいまして、クアッドコアになっています。

ファンがぶんぶんうるさいですが、安定した動作で快適です。

特に画面の描画が速く、画面の切り替えなどスムーズ。

ブログも快適にかけそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

パイロットブルー

Dsc02027 パイロットのブルーインク、駆け込みで夏休み終わるまでに空にしました!

相当、OBBで書きまくった気がしています。

一日に5吸入はざらです。

ともあれ、今日で塾の夏期講習が終わりました。

ちょこっとだけ夏休みを楽しんでから新学期が始まります。

しっかり万年筆、洗っておかなければいけませんね。

パイロットのブルーインクは、ロイヤルブルーよりも垢抜けたブルーといった印象です。

日本人の思う青がちゃんとでてくれます。

乾いた後に若干あせた感じの青になるのですがノスタルジックな感じで気持ちがいいです。

いつも書くことですが、パイロットのインクの難点であり、ある意味の利点であるのは、におい。

いかにもインクというにおいがします。時々自習室でボトルを開けると、友人にくさっ、と言われることもあったり。

太字で書きなぐると自分でもちょっと気になります。

ただ、このにおいなんだか万年筆で書いているということを意識させてくれる気がして、嫌いではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »