« パイロットショートタイプ1(YSF-200MS-WS) | トップページ | パイロットエリートロング »

2009年8月15日 (土)

1本の力!

Dsc02003

今日は三時間ずっと146でインクが切れるまで書き続けてみました。

写真に写っているのが全部ではありません。

146にペリカンのロイヤルブルーを吸入。ひたすら書き続けました。

以前の記事でためした145

http://open-way.cocolog-nifty.com/fountainpen/2009/06/post-efe1.html

とちがって、今回は紙一面すべて隙間なくうめるようにしました。

146のFですがフローもそこそこいいので、Mニブと思っていただいたほうがいいかもしれませんね。

結果は、A4三枚、B5十二枚でした。

…疲れます。

一本でこれだけ書けるというのはすごいものです。

作家など、書くことを仕事にしている人にとってはやはりこれくらいインクが入らないとストレスになるのでしょうね。

カートリッジ式やコンバーターではすぐに切れてしまって、作業が進まないのでしょう。

|

« パイロットショートタイプ1(YSF-200MS-WS) | トップページ | パイロットエリートロング »

コメント

実地実験お疲れ様です.

写真を拝見する限り,相当詰めて書いても
B5用紙15枚程度は余裕でこなせるようですね.

今回はMに近いFでの実験でしたが,これがEFだったり,
もっとフローを抑えた状態での筆記だったら,
もっと燃費は良くなるのでしょうね.

投稿: 嬰啓_221 | 2009年8月18日 (火) 11時18分

>>嬰啓_221さん

コメントありがとうございます。
どうせ勉強で書くならこうやって資料になったほうがいいとおもって、記録していますー

EFになどにして、渋いインク(たとえばモンブランBBなど)にすればかなり持つでしょうね。
ただ手が持つかどうか…(笑

今度はレシーフのクリスタルで試してみるつもりです。
146と同じくらいフローがよい金ペンに改造されていますから意外に持たないかもしれませんが;

投稿: kouki | 2009年8月18日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/30972871

この記事へのトラックバック一覧です: 1本の力!:

« パイロットショートタイプ1(YSF-200MS-WS) | トップページ | パイロットエリートロング »