« Graf Von Faber-Castel | トップページ | 涼しげに »

2009年7月31日 (金)

ギロシェライン コニャックペンシル

Dsc01966

昨日の記事の続きです。

久々に新品で買った筆記具。こちらです。

Graf Von Faber-Castell ギロシェライン コニャック ペンシルです。

伯爵コレクションらしい、プラチナコーティングのキャップと口金。シンプルながらも高級感のあるほっそりしたボディです。

上位モデルになると軸が木製になるのですが、ギロシェラインなのでレジンです。

レジンにヨーロッパの伝統的な彫刻技術であるギロシェ加工、そしてラッカーと艶出し。すべて手作業で行っているそうです。

木軸もすごいですが、この軸も十分綺麗です。色は何色かあるのですが、コニャック(ブラウン)を選びました。コニャックは、お酒の名前ですよね?

飲んだことも見たことすらないので、どうなのかわかりませんが…

0.7mmの芯を使う回転ノック式のペンシルです。

使いやすい点としては、

口金がすらっとながいので手元が良く見え、筆記角度が下がっても書きやすい

純粋に持ちやすい(個人差あると思います)

気になる点としては、

プラチナコートの部分を触らないとノックができないので汚れてしまい不満

といったところでしょうか。

また細かいことがありましたら記事にします。

それにしても贅沢なペンシルです…

|

« Graf Von Faber-Castel | トップページ | 涼しげに »

コメント

コニャックというのはブランデーの一種です。
フランスのコニャック地方で採れたブドウのみを使って作られます。
レミー・マルタンや、カミュ、ヘネシーといった銘柄が有名ですね。
ちなみにブランデーはワインを蒸留したお酒です。
お酒が飲める歳になったら、一緒に飲みに行きませんか?

投稿: いの | 2009年8月 1日 (土) 00時47分

>>いのさん

なるほど。ブランデーということは結構強いお酒なのでしょうね。
あと二年くらいで飲めるようになりますから、機会があったらぜひ。
万年筆を肴にして上品に飲めたらかっこいいですよね

投稿: kouki | 2009年8月 2日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/30779331

この記事へのトラックバック一覧です: ギロシェライン コニャックペンシル:

« Graf Von Faber-Castel | トップページ | 涼しげに »