« モンブラン初のフラッシュメモリ Singnature For Good | トップページ | my signature for good »

2009年7月12日 (日)

ISOTレポート1

Dsc01839ISOTで気になった展示をいただいたサンプルとともに紹介したいと思います。

私のような一個人に対して丁寧に説明してくださったり、サンプルを下さった人たちに、感謝するとともに、この場で紹介することで恩返しができたらいいなと思っています。

一回目の今日は、Corex stationery manufacturing Co., Ltd。

上海の筆記具部品メーカーです。

カタログとサンプルをいただいてきました。

シャープメカを作っているそうで、さまざまな形のメカをいただけました。

シャープのメカと一言で言っても、芯ホルダーのような太いものもあれば、100円ショップの0.5mmのシャープのような簡素なもの、またモンブランなどで採用されているボールペンの芯のような太いものまでいろいろあります。

カタログを読むと細かく掲載されています。

シャープの部品のメーカーなどぜんぜん知りませんでしたが、このようなメーカーもやはり世界には存在するのですね。

このメーカーは、スイスの機械を用いることで、日本市場に出せるような高精度の品物を出しているそうです。

実際に買ったり、取引きをすることもないと思いますが、親切な応対をしていただきありがとうございました。

参考までにメーカーを紹介しておきたいと思います。

Corex社 http://www.corex.cn

|

« モンブラン初のフラッシュメモリ Singnature For Good | トップページ | my signature for good »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/30519481

この記事へのトラックバック一覧です: ISOTレポート1:

« モンブラン初のフラッシュメモリ Singnature For Good | トップページ | my signature for good »