« で、どのくらいかけるの? | トップページ | 万年筆写真8 »

2009年6月15日 (月)

でどのくらいかけるの?2

Dsc01783_2  145のOBBでの試し書き。

詳細をお伝えします。

まず訂正です。前回の記事に、A3と書きましたが、正しくはB4でした。失礼いたしました。

さて細かくリストアップしたいと思います。

使用万年筆…

Montblanc Meisterstuck145 platinum line OBB(研ぎはメーカーどおり。イリジウム表面にざらつきをつけ、スリットを若干開き目にし、インク誘導液を使用。)

Dsc01784

使用インク…Montblanc Black (ボトル)

コンバーター…Montblanc 回転吸入式コンバーター(ねじ付き)

前日夜に吸入。満タンに吸入してから説明書どおり、何滴か落してからティッシュペーパーでふき取った。

使用した紙は一般的なコピー用紙の裏紙。

にじみは特になし。

Dsc01785

書いた内容は戦国時代の教材のまとめ。

(ちゃっかり本業もこなしております)

P1~P3まではまとめ。空白大め。丁寧に書いた。

P4~P7は練習。殴り書き。空白ほぼ0。

全体に漢字が主体。

Dsc01786すべてのページにナンバリングと日付、時間、筆記具名、インク名、URLを英字で記述。

P1

14:00~14:38

P2

14:38~15:14

Dsc01787

P3

15:14~15:38

P4

15:41~16:00

P5

Dsc01788

16:00~16:16

~~休憩~~

P6

16:33~16:52

P7

16:52~16:54(インク切れ。二行で終了)

Dsc01789 以上です。お気づきだと思いますが、左に上から順番に画像を貼り付けてあります。

必要であればご確認ください。

~~感想&評価~~

ゆっくり書いていればインクはついてきますが、殴り書きだと時々インクがついてきません。

しょうがないとはおもいますが…

意外に手は疲れませんでした。おそらくこの速さでペンシルでやれば恐ろしく疲れたでしょうね。

最後コンバーターを押し切って、最後の一滴まで搾り出しました。

OBBとはいえ、やはりそこそこは書けますね。多いと感じました。

リクエストがあれば様々な萬年筆の「どのくらいかけるの?」を測ってみたいと思います。

どしどしリクエストください。

最後までお読みいただき有難うございました。

|

« で、どのくらいかけるの? | トップページ | 万年筆写真8 »

コメント

キャプテン改めです
勉強時間にもよりますが常用はそうとうな出費ですね・・・
自分は黒を薄めて使用してますが真黒より目にもやさしく財布にもやさしくいい感じです
安全か不明&粘度が低いのが難点ですが;

投稿: C.Johnny | 2009年6月16日 (火) 02時19分

こんばんは
貴重なデータですね。文字数/ml、どのくらいになりますか?

投稿: stationery | 2009年6月16日 (火) 21時07分

>>C.Johnnyさん
OBBを常用は確かに非経済的ですね。
しかし、色目が気に入らず使わずじまいになってしまったインクなどを使うにはちょうどいいかもしれませんよ?
極太となると同じインクでも筆跡がぜんぜん変わり楽しめます。
黒インク薄めてとのことですが、水でしょうか?
水ならば安全そうなきはしますよね。パイロットの黒インクならかなり安上がりでしょうから、ボトルで買ったほうが安心ですが…

>>stationeryさん
こんばんは
案外試す人が少ないのでやってみました。
文字数を数えるのはかなり大変そうです…
インクも数滴落としてから書きましたので、正確な容量がわかりませんね。
文字/mlはまた別の機会に求めてみるとします。

投稿: kouki | 2009年6月16日 (火) 23時59分

パイロット黒×水(軟水)です。ボトルでやってるのでコストは最強ですね
主に記録として残さない殴り書き用ですが

投稿: C.Johnny | 2009年6月17日 (水) 05時05分

>>C.Johnnyさん

なるほど。まぁなるべくそのまま用いてもらいたいですね…

投稿: kouki | 2009年6月18日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/30127709

この記事へのトラックバック一覧です: でどのくらいかけるの?2:

« で、どのくらいかけるの? | トップページ | 万年筆写真8 »