« 同年代の万年筆愛好家 | トップページ | Mojitorさんによる作品2 »

2009年4月24日 (金)

メーカーもののシャープ芯

Dsc01605 シャーペンの芯といえば、パイロットのEnoなどが皆さん普段使いされていると思いますが、ちょっとこだわるとこんなものもあったりします。

まず一番右に写っているRotringの芯。

廃盤になったデザインのものだそうで、12本いりで、以前友人にいただきました。

このような製図メーカーものも時々使ってみると楽しいですね。

さて、左上はパーカーの芯。

20本入りです。200円です。一般的な芯と比べると、2倍ほどのお値段です。(20本ですので

左下は自分のなかでやはりかなりのお気に入りのモンブランのシャープ芯。

本体に浮き出ているロゴ、よく考えてみるとここまでするシャープ芯ってありませんよね。

10本入りで手元の資料によると、735円です。

一本あたり73.5円!?

泣けてきます。一度買ったら中身は他のものにしても問題ないのではないでしょうか。

モンブランのシャープ芯というのもなかなかかっこいいと思うのでおすすめではあるのですが…

せっかくなので、モンブランペンシル0.5mm替え芯ソリテールスターリングシルバーとか作っていただいて、5000円くらいで販売してほしいですね。絶対、一つは買いますよ。

|

« 同年代の万年筆愛好家 | トップページ | Mojitorさんによる作品2 »

コメント

こんにちは。
私はファーバーカステルの2Bを長年愛用しております。
国産やもっと安いものでも代替可能かもしれませんが、デザインや名前でついカステルに手が・・
12本入り252円です。koukiさんもぜひ一度。

それはそうと、ロットリングの替え芯ケースのフタって緩くなりませんか?

投稿: 糸口茉路 | 2009年4月24日 (金) 00時46分

>>糸口茉路さん

コメント有難うございます
カステルの芯も以前使ったことがありました。今はどこへ行ってしまったのやら…
また買って使ってみようかなぁと思いました。

ロットリングのケースのふた、ゆるくなりそうですね。あまり使っていないのでまだ大丈夫ですが、そのうちがばがばになってしまうのでしょうか…

投稿: kouki | 2009年4月24日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/29260753

この記事へのトラックバック一覧です: メーカーもののシャープ芯:

« 同年代の万年筆愛好家 | トップページ | Mojitorさんによる作品2 »