« プラチナbonita漆ではなく樹脂 | トップページ | 生贄いっぱい!(今日の修理報告:Montblanc Classicボルドー) »

2009年4月 6日 (月)

今年度のオンライン万年筆

Dsc01515 さて今年度、主役に使う予定の万年筆たちです。

145,146,14,ボニータ漆となっています。

近いうちにメインの万年筆に並ぶものが一本躍り出るかもしれませんが、とりあえず、この編成で使っていこうと思います。

あとは、何本かポケットに入れて持ち歩いたり、万年筆道楽として楽しむ予定のものもいろいろあります。

|

« プラチナbonita漆ではなく樹脂 | トップページ | 生贄いっぱい!(今日の修理報告:Montblanc Classicボルドー) »

コメント

こんばんは
アナログの万年筆の世界でも、IT時代とミートする「オンライン」の響きがいいですね。私の場合、オンラインは3本程度、ニアラインは5本程度、オフライン・アーカーブは?本でしょうか。過去の実績から、例えばMontblancだと146ベース、14ベースのEF,Fニブで殆どの用途がカバー出来てしまいます。実際EF,Fニブでもイタリックに近いものは多いようにも感じています。やはり実務上はEF,Fニブが最も使用頻度が高くて気になります。BB,BBB等は殆ど使わないです。広義のスタブを含めたイタリックは1本有るか、無くても事足りるような気すらしています。

投稿: stationery | 2009年4月 7日 (火) 20時36分

>>stationeryさん

コメント有難うございます。オンラインという言葉はstationeryさんのブログからいただきましたが、いい響きですよね。
自分としては、まさに今使っているという感じがして好きです。
なんだかんだいっても、日常的には細字が中心になってしまいますよね。
イタリックに近い細字。うらやましい!
自分としてはとても好みです。
太字はやはり万年筆道楽に回すしかないのでしょう。普段から署名が多い人(かなり偉い政治家さんなど?)ならば太字も使うと思いますが…

投稿: kouki | 2009年4月 7日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/28994926

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度のオンライン万年筆:

« プラチナbonita漆ではなく樹脂 | トップページ | 生贄いっぱい!(今日の修理報告:Montblanc Classicボルドー) »