« ようこそ! OBB! | トップページ | あこがれだったこの万年筆 »

2009年4月29日 (水)

なるほど!ペン芯!

Dsc01622 昨日の記事に書いたOBB付きの145の話です。

ペン芯は見たところOBBのものとFのものが同じだったので、Fについていたペン芯を使っていました。

今日や昨日の夜中書いて遊んでいると、途中でインクが出なくなる現象が多発。

もしかしてと思い、今日はペン芯を見てみることにしました。

やはり、FとOBB、違うようには見えませんが何か改善しなくてはいけません。

ということで空気溝を見てみると、複雑になっています。

空気が出入りするところとインク出入りするところ、両方とも工夫されたペン芯。

インク溝はなんと、裏側に回してから、中心部で穴に持ってきて、そして上にという構造。

空気溝はインク溝に比べれば単純かと思いきや、そうでもない。

上側に二つ空気溝があり、インク溝の両端に沿うように作られていました。

ということでインク漏れ覚悟で空気溝を拡張し、すべての溝をさらってから首軸に挿入。

インク誘導液も忘れず使いました。

今のところフローは良くなり、満足しています。持ち歩いていて問題があればまた考えなければ。

ペン芯はペン先以上に重要なパーツとよく言われますが、納得です。

|

« ようこそ! OBB! | トップページ | あこがれだったこの万年筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/29359505

この記事へのトラックバック一覧です: なるほど!ペン芯!:

« ようこそ! OBB! | トップページ | あこがれだったこの万年筆 »