« 万年筆写真 | トップページ | 149 »

2009年3月 3日 (火)

ゼブラ tect2way

Dsc00002

久しぶりにシャーペンの話題です。

ゼブラのテクト2ウェイという芯を振って出せる製図用シャーペンです。

このフリシャーのすごいところは、芯を出すための重りの動きをストップさせられるロック機構です。

ペンの中間部分をくりっとまわすと中の重りが動かなくなり、安定した筆記ができるそう。

さて、友人がこれを使っていたのですが、問題が発生。

重りが妙な位置で止まってしまい、スイッチが全く動かなくなってフリシャーが使えないという問題です。

いったいどうやってこんな状態にしたのかと思いましたが、分解してみました。

しかし、このペン、肝心の内部は分解できないつくり…。もう無理だなと思いましたが、スイッチの隙間から0.3mmのピンをいれてなんとなくごりごりやってから手でカチカチ動かしているとうまく取れました。

まぁとにかく、このペンを使っているかたは、中の重りがしっかり止まってからスイッチ操作をされたほうがよさそうです。

|

« 万年筆写真 | トップページ | 149 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/28459786

この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラ tect2way:

« 万年筆写真 | トップページ | 149 »