« Wagner定例会 | トップページ | 久しぶりの100円シリーズ-MFnib »

2009年2月23日 (月)

マックス・フォン・オッペンハイム

Dsc01330 モンブランの2009年特別限定品が出始めたようです。

今年のパトロンシリーズは、「マックス・フォン・オッペンハイム」

中東を探検したドイツ人だそうです。

毎回、この手のカタログを読むと、一本の万年筆から始まるストーリーに魅力を感じます。

もちろん手は出せませんが…

ボディはスターリングシルバー。

モスクをイメージした天冠だそうです。

正直、実用品ではないデザインですね。僕としては昔の作家シリーズのような実用的な限定品のほうが好きです。

|

« Wagner定例会 | トップページ | 久しぶりの100円シリーズ-MFnib »

コメント

こんばんは
現時点、同感ですね。特に歴史有るMontblanc社のパトロン・作家シリーズに託すデザインは大変奥深く、その秘めたるメッセージ性は相当の先見性のある人しか直ぐには分からないような気も最近はしています。メーカー目線は、我々の近視眼的なものとは異なり、最低でも10年先も見据えているようで、私など素人には直ぐに良さが理解できないと思います。でも、不思議と数年後には見方が180度変わっている事もありますね。敢えて分かりにくくて、購買意欲に直結しない製品を出せる余裕、これは歴史有るブランド力の為せる余裕・技かもしれませんね。

投稿: stationery | 2009年2月27日 (金) 22時53分

>>stationeryさん
確かに、深いメッセージ性を感じます。
手にした人が何年もかけてようやくわかるのでしょうね。
現代では数少ない、商売の域を超えた、作品としての製品を出せる企業というのはすばらしいですね。

投稿: kouki | 2009年2月27日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/28327635

この記事へのトラックバック一覧です: マックス・フォン・オッペンハイム:

« Wagner定例会 | トップページ | 久しぶりの100円シリーズ-MFnib »