« マックス・フォン・オッペンハイム | トップページ | Pilot Justmeet Smart »

2009年2月25日 (水)

久しぶりの100円シリーズ-MFnib

Dsc01334 最近、wagnerでよくDFだとかMFニブが登場してますね。

ちょっと?対抗して、MFニブ作ってみました。

お辞儀めのペン先であることはもちろんですが、このペン先は一回焼きを入れています。

焼き+ステンレスペン先+お辞儀。

こんなに硬い万年筆はそうそうないでしょう!

カーボン複写用などといわれている万年筆もあるのだからと、筆圧をかなり上げてゆうパックの伝票に書いてみました。文字に濃淡などまったくというほどでません。これはひどい。

まったくペン先が開きません。インクフローはなかなかよいのでするするかけますが、硬いです。

さて、ゆうパックの6枚複写、うまくいったのでしょうか?

Dsc01333 完璧!

これは5枚目ですが、その下の6枚目までばっちり届きました。

これで気兼ねなく、伝票に万年筆でかけますね。

ただ、大切なお荷物にはカーボンインクをお勧めしますー

|

« マックス・フォン・オッペンハイム | トップページ | Pilot Justmeet Smart »

コメント

こんばんは
焼き入れですね。色々、試行錯誤されていて楽しいです。300円程度?で販売されている使い捨てタイプのステンレスペンも、筆圧を掛けるとそこそこ開きますよね。本当にガチガチに堅いペンも一本はもっていたいですね。

投稿: stationery | 2009年2月25日 (水) 22時24分

>>stationeryさん

こんばんは。
本当にがちがちに硬いペンですが、フローが安定していると書き味が悪くはありませんね。
時々メモ等にも使っています。なかなかgoodです!

投稿: kouki | 2009年2月25日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/28348070

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの100円シリーズ-MFnib:

« マックス・フォン・オッペンハイム | トップページ | Pilot Justmeet Smart »