« 久々にWagner定例会に! | トップページ | 日本橋榛原の便箋 »

2009年1月27日 (火)

付けペン木箱

Dsc01202

前の記事に書いた定例会のときにいただいたものです。

木箱を開けると、なかにはたっぷりの付けペン!

ガラスペンとGペンの軸、そしていくらかのペン先が入っていたほか、ボトルインク(中国英雄のもの)まで入ってました。

説明書からすると、旅行者用セット?みたいです。いまどき旅行でつけペン持ち歩く人はいませんが…

この写真は、自分でいくらかものを足した写真です。付けペンの軸をもう一本&ガラスペンももう一本入れました。

カリグラフィー用品や画材を持ち歩くには楽しい木箱です。

これに万年筆を詰め込んで旅するのも楽しそう!

くださったかた、本当にありがとうございました。

|

« 久々にWagner定例会に! | トップページ | 日本橋榛原の便箋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/27524328

この記事へのトラックバック一覧です: 付けペン木箱:

» ガラスペンって? [ガラスペンに魅せられて]
20世紀初頭に、日本の風鈴職人である佐々木定次郎氏によって考案されたガラスのペン先に端を発していて、ペン先のガラス側面の溝にインクを補充することで頻繁にインクを補充することなく書けることを特徴とした筆記具です。金属のペン先とは異なり、どんなインクを使っても腐食することなく、あらゆる方向にペン先を向けて書くことができるため、発明当初は事務用として重宝され、またたくまに世界中に広まりました。その後、ボールペンなどの筆記具の登場により広く使われるこ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 21時40分

« 久々にWagner定例会に! | トップページ | 日本橋榛原の便箋 »