« モンブランクリスマスギフト | トップページ | デュポンシャープメカ »

2008年12月22日 (月)

走査型電子顕微鏡(SEM)を体験! 3

P50x さて、今日はプラチナのニブのPの字の部分を見てみましょう。

50倍だとこんな感じです。

拡大してみると、刻印が結構適当に見えますが、これでも十分綺麗です。

さて、これをもっと拡大してみましょう。

Pの字の刻印の溝を狙って、500倍にしてみます。

すると、P500x

…気持ち悪いなぁ;

とりあえず、こんなに拡大しても意味がないですね。

ただ、こんな風になってんだなーと思っていただけるとうれしいです。

また使わせてもらえる機会があれば、もっと万年筆学(?)に役立つものを見てきたいです!

走査型電子顕微鏡(SEM)を体験! シリーズはで終わりです。

|

« モンブランクリスマスギフト | トップページ | デュポンシャープメカ »

コメント

おひさ!
どもども、猫でごじゃいましゅ。
凄い...
ひそかにそんなブツを手にしていたとは...(^^;

投稿: 怠猫 | 2008年12月23日 (火) 20時42分

大事なのは万年筆学をしっかりと深めていくことです。学と楽が同じ読み方なのは決して偶然ではないのですから、ぜひ、細かいところにまで気を配っていかなければならないと思います。

私も今、科学という観点から、インクのペーパークロマトグラフィーに挑戦しようかと考え中です。

投稿: 達哉ん | 2008年12月23日 (火) 22時11分

>>怠猫さん
お久しぶりです。
電子顕微鏡、すごいですよね。自分もあんなに身近に見たのは初めてでした。
でも、今は小学校にあることもあるとかないとか…ひー

>>達哉んさん
万年筆学ですかー、気楽に楽しつつも深めていきましょう

ペーパークロマトグラフィーって、あの紙みたいなものにすわせて、浸透速度の違いではかる…楽しみですね。

投稿: kouki | 2008年12月24日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/26414072

この記事へのトラックバック一覧です: 走査型電子顕微鏡(SEM)を体験! 3:

« モンブランクリスマスギフト | トップページ | デュポンシャープメカ »