« モンブランシーズンインク | トップページ | エルバン香りつきインク »

2008年9月15日 (月)

LAPITA万年筆

Dsc00109 ラピタ万年筆、最初期のミニ檸檬です。

今回はこれを、自分的実用仕様に改造しました。

まずペン芯を、最新ラピタ万年筆から移植。

入らないかと思いきやすんなり入ってくれましたよ。

そして、檸檬のペン先をフォルカンに仕上げます。

その上、エンペラーまで取り付けたら出来上がりです。

自分の筆記角度にスポットを作れば、ばっちり。

Dsc00108

フォルカンエンペラーはとても書きやすい!

インクはモンブランのバイオレットを入れてみました。

今回はエンペラーも金メッキのものを使っているので、高級感が…。

|

« モンブランシーズンインク | トップページ | エルバン香りつきインク »

コメント

出たw二重構造w
カッコよかったよw

投稿: TNKk | 2008年9月20日 (土) 22時28分

>>TNKkさん
コメントありがとう。
このエンペラーはなかなか使いやすくていいんですよね~
ただ、今これが行方不明になってしまっていて…

投稿: kouki | 2008年9月21日 (日) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/23766965

この記事へのトラックバック一覧です: LAPITA万年筆:

« モンブランシーズンインク | トップページ | エルバン香りつきインク »