« らすとフォルカン-Pilot super200- | トップページ | 横浜の屋外スケッチ »

2008年8月30日 (土)

ルーペ新調!

Dsc00078

今まで、スライドアウト式のルーペを使っていたのですが、調整用にもうひとつルーペを買っちゃいました。

え、一個で十分? 

…いやー、こっちかっこいいんですもん。

というわけで二つ目のルーペはドイツのエッシェンバッハというメーカーのアイルーペ。

形状から分かって頂けると思いますが、目にはめるルーペです。キズミと呼ばれたり、時計技師用ルーペと呼ばれたりします。

目にはめると両手があくので作業がしやすいのです。

さてさて、このルーペのこだわりポイントはといいますと。

まずエッシェンバッハのオリジナルのPXMという樹脂からできた明るい(透明度の高い)レンズ。その上に施されたハードなコーティング。

そして、写真では見えませんがこの本体に小さな穴が開いているんです。目にはめたときにレンズが曇らないため。(ちなみにお風呂上りにルーペをつけたらさすがに曇りました)

このアイルーペの倍率は七倍。あまり高倍率だと見づらいなぁーと思いました。

どのような感じに見えるかというと…Dsc00079

こんな感じです(?)

P145のキャップ部分です。

分かりづらいですねぇ。。

というわけで、これからはこのルーペを目にはめる練習をする必要がありますね。

よーし、はめられるようにがんばるぞ!

|

« らすとフォルカン-Pilot super200- | トップページ | 横浜の屋外スケッチ »

コメント

こんばんは。

このタイプのルーペを使う調整士さんはあまりいませんね。
私は以前の趣味が機械式時計だったので時計屋さんのノリでそのまま使っています。
利点は両手を使えることとリアルタイムに対象物を見ながら加工できることです。
エッシェンバッハ・・・宝石鑑定用のルーペのメーカーだと思っていましたが・・・時計用もあるんですね!!

投稿: らすとるむ | 2008年8月31日 (日) 17時02分

>>らすとるむさん

こんばんは。
あまり使う調整師さんはいませんが、とても使いやすいです。
なんとなく目にはめることもできるようになってきたのでなおさら…
エッシェンバッハのカタログに、「時計師用ルーペ(宝石鑑定用にも最適)」とかかれていました。
一般的なルーペも多く、ルーペなんでも屋さんなのかもしれません

投稿: kouki | 2008年8月31日 (日) 21時59分

こんばんわ
まさかこんなものまで買うとは…
ちゃんと目に嵌めて下さいね
この調子で時計に進出か?w

投稿: TNKk | 2008年9月 4日 (木) 01時11分

>>TNKkさん
調整にルーペは大事ですから!
目にはめるのは案外難しいです。一発でくるっとはいるといいんですけどねぇ…

投稿: kouki | 2008年9月 4日 (木) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/23364503

この記事へのトラックバック一覧です: ルーペ新調!:

« らすとフォルカン-Pilot super200- | トップページ | 横浜の屋外スケッチ »