« 七夕 | トップページ | シャーピーミニ »

2008年7月 8日 (火)

灯り

Dsc00123

使用画材

  • ターナーアクリルガッシュ
  • Winsor and Newton Cotman watercolor
  • Winsor and Newton Series 7
  • ラファエル水彩筆
  • ファーバーカステル9000 H(下書き用)

基本的に画材は大きく変わりません。今回は、絵の具でのカリグラフィーにチャレンジ。

インクに比べてフローが良いとはいえないので、しっかりと色がにじまずに乗ってくれます。

文章はまた新約聖書より。

"Nor do they light a lump and put it under a basket, but on a lump stand, and gives light to all who are in the house. -Matthew 5:15"

(あなた方はともし火をともすと,量りかごの下ではなく,台の上に置く。そうすれば,それは家の中にいるすべての人に輝くのだ。マタイによる福音書5章15節)

もう、文章のまんま、ろうそくを描きました。炎と光の部分だけCotmanを使い、そのほかはすべてターナーアクリルガッシュを使っています。

イタリック体&アンシャル体のつもりです。結構ミスってるところが見受けられますけどね。

|

« 七夕 | トップページ | シャーピーミニ »

コメント

こんばんは これはいいねえ 貴殿のblogは文化的な香りがします。今後も期待しているよ。

投稿: stationery | 2008年7月 9日 (水) 22時42分

>>stationeryさん

コメントありがとうございます。
文化的な香りですか~。ほめていただきありがとうございます。

万年筆の深さを知ると、言葉や自分の表現についての哲学の深さ、伝統的なものを守る思いの深さなどなどもかじれるのでしょうか…。

投稿: kouki | 2008年7月 9日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/22161858

この記事へのトラックバック一覧です: 灯り:

« 七夕 | トップページ | シャーピーミニ »