« Wagner第三十回定例会 | トップページ | 台湾の書道筆 »

2008年6月11日 (水)

鉛筆いろいろ

お久しぶりです。

最近、部活の疲れやらなにやらで更新する気が…

さて今回は、台湾で仕入れてきた"鉛筆"についてです。

まずはこちら。

Dsc00085 ステッドラーのマルスルモグラフ2Bです。

拡大していただけるとわかりますが、どう見ても偽もの!

大体、同じ店で買った二本の印刷すら異なっているというクオリティ!

やっぱりアジアに筆記具漁りにいったら偽ものははずせません。M○ntblancの偽ものなんかも見てみたかったのですが…

さて次は、

Dsc00086 ファーバーカステル#9000の4H,5H,6Hです。

これは実は本物だったりしちゃいます。1本あたり50円ほどで本物の9000番買えちゃいました。驚きです。

ただ、これ、ビンテージもの(デットストック?)なんです。現行品ではないというあたりがマニア以外が買わない理由でしょう。

ちなみに、これは裏返したときの表記が面白いのです。

Dsc00087

上から、表記なし、W-Germany、Germany。

W-Germanyは「おおっ」といった感じですが、表記なしって;

どこで作ったのでしょう;

さてさて、最後。

Dsc00088 日本製の鉛筆です。

あのニードルポイントやローラーボール、得体の知れないOEM(失礼)のメーカー。

Ohtoが出してる鉛筆なんですよ。

しかも同じ濃さで二種類色が選べます。

軸は茶色か黒~

向こうでは結構高値で売られていた覚えがあります。

日本でもうればいいのにー(笑

実は日本の鉛筆にはOhtoのOEMがあるかも?

なんて想像して今日は終わります

|

« Wagner第三十回定例会 | トップページ | 台湾の書道筆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/21571323

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛筆いろいろ:

« Wagner第三十回定例会 | トップページ | 台湾の書道筆 »