« W&N ペインティングオイル | トップページ | Rotring ビンテージ 製図ペン »

2008年5月29日 (木)

調整&清掃 セーラープロフィット

さてさて、今回は私の担任の先生からの依頼品です。ある意味恐ろしい…(笑

Dsc00030

セーラーのプロフィットのようです。先生が卒論を書いたときに使ったとか。。

だいぶ古いものであるようですが、特にこれといって着目する点はありません;(ごめんなさい

さてインクが詰まってしまってかけないとのこと。ではペンを開けてみましょうDsc00031

ぎょっ!

汚い;

しかも、首軸の周りもたっぷりインクが;

そりゃ詰まりますよ。しかも、先生自身がお湯で洗った経験もあるそうです。

それでも直らないとはなかなかのつわもの。

これは部屋で洗う気はしないので、風呂に入りながらじゃばじゃば。

すると、なんか粉みたいな乾燥したインクがずっとずっと出てくるんです。やっぱり、長年の詰まりは恐ろしい。

というわけで、もちろんばらします。

Dsc00033

ちょっっっっと;

ペン芯の根元にびっしり!…まぁ分かってましたよ。正直ここまでなってたほうが洗いがいがあるものですね。

まかせとけよ~、プロフィット!(笑

Dsc00034_2

上出来♪

ひたすらお湯で洗い続け、その上#10000ラッピングペーパーでスリットを掃除しましたもの!

というわけで組みなおし、モンブランの黒インクを入れて完成!

Dsc00035

結構いい写真じゃないですか?

ちなみにこういうカットの写真はいっぱいありますけど;

次回予告~すばらしき製図ペンの世界~

ロットリングのビンテージ製図ペンを紹介する予定。

Dsc00037

お楽しみに。 

|

« W&N ペインティングオイル | トップページ | Rotring ビンテージ 製図ペン »

コメント

お久しぶりです。
5枚目の写真ですが、ペン先横に「S-B」と刻印してありませんか?
だとしたら、現行品では無くなった「軟」ニブですね!

投稿: vw3g | 2008年5月30日 (金) 02時06分

>>vw3gさん
コメントありがとうございます。
確かに…彫ってありました!

なるほど、現行品には無いニブなのですね;

う~ん、やはり国産にはまだまだうといみたいです;
助かりました。

投稿: kouki | 2008年5月30日 (金) 21時17分

>担任の先生からの依頼品です。ある意味恐ろしい

【次の展開】

1.通知表に項目が増えます。
  項目は“ペン先調整”。

2.そこの部分だけ内申書にされて、お師匠様へ。

3.元老院による書類審査後、女王陛下ご臨席のもとペンクリ試験。通称“殿試”。

4.晴れて認められると、勅許状が発布。
(○○出しされたら...沈黙)

↑あくまでネタでしゅ。(^^)

>現行品では無くなった
しかも14金。
イリジウムなくなったとかいって、現行品とCHANGE!
そりゃマズイでしゅよね。

それにしても羨ましい。
猫の周りは、現行品至上主義と調整アレルギー症候群が流行っているので、そっとしておきます。

でわ。

投稿: 怠猫 | 2008年5月31日 (土) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/21273135

この記事へのトラックバック一覧です: 調整&清掃 セーラープロフィット:

« W&N ペインティングオイル | トップページ | Rotring ビンテージ 製図ペン »