« モンブラン二桁シリーズ--No.14 | トップページ | 新年度迫る! »

2008年3月30日 (日)

ユーロボックスでのペン先交換・調整

写真:色とりどりのMontblanc146用ニブ in Eurobox

Dsc00317

さて、今日は銀座のユーロボックスへ行ってきました。Wagnerでは「悪魔の館」と呼ばれてたり呼ばれてなかったり…

今回の目的は、昨日買った#14を修理&調整してもらうことでした。

じっくりと調整していただき、書き味はばっちり。

この時点で帰ってしまってもいいのですが、いろいろな人が今日も来店され、結局閉店までいたわけです。

そして、予定外のことをしてきました。Vintage Montblancのクラシックシリーズを1本持っていたのですが、鍍金ペンなのです。

これを、金ペンに付け替えてもらいました。

O3BのニブやOBのニブもあったようですが、予算の関係や使い勝手のよさなどもあり、Mぐらいのニブにしてもらいました。

14cのクラシックへとチェンジ!

Dsc00316 左が14Cニブ、右が鍍金ニブです。

鍍金のほうは、長い時間を経ていたので、銀色の部分が徐々に出てきています。

これで、自分所有のMontblancがすべて金ペンに!

ちなみに…このニブ取替えの費用は2000円にしてもらいました。

ユーロさんありがとうございましたーー

|

« モンブラン二桁シリーズ--No.14 | トップページ | 新年度迫る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/11989806

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロボックスでのペン先交換・調整:

« モンブラン二桁シリーズ--No.14 | トップページ | 新年度迫る! »