« 木軸ガラスペン | トップページ | ユーロボックスでのペン先交換・調整 »

2008年3月29日 (土)

モンブラン二桁シリーズ--No.14

Dsc00313 今日、フリーマーケットに出かけてきました。

自分の中で初めての吸入式万年筆。

Meisterstuck 14

です。

二桁シリーズの1本で、1960年代の品物。

ニブはウイングニブの18c。

これで、2000円は安い!

というわけで、はやくペンクリに出したい…。

そんな気持ちです。

|

« 木軸ガラスペン | トップページ | ユーロボックスでのペン先交換・調整 »

コメント

いいものを入手されましたね。14は名品で私も使っています。色もバーガンディーで珍しい。メンテすれば一生ものの万年筆ですよ。

投稿: stationery | 2008年3月30日 (日) 11時19分

おお、ついに入手されましたな!

調整前のペン先の状況を頭にたたき込んで、自分で調整するならどうするかをシミュレーションしておくと良い。

ちなみに拙者は2桁番シリーズは指が痛くなるので調整はしない。

らすとるむしゃんへお願い下され。

投稿: pelikan_1931 | 2008年3月30日 (日) 20時48分

コメントありがとうございます。

>>stationeryさん
なるほど、一生ものですか~
自分が書いた感じではやわらかいことが印象でした。
18cのニブは初めてなのでそのせいかも知れません。ただ金組成だけでやわらかさは変わらないらしいですね。

>>pelikan_1931さん
…実は自分で少しだけ削ってみました。
#1000と#2000で引っかかりを少し減らしたのです。ただ、ペン先に曲がりが見られたので完全に良くはなりませんでした。

Wagnerでお願いしようとは思っていたのですが、はやく書きたくてたまらずユーロボックスで直してもらってきました。

投稿: kouki | 2008年3月30日 (日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/11950838

この記事へのトラックバック一覧です: モンブラン二桁シリーズ--No.14:

« 木軸ガラスペン | トップページ | ユーロボックスでのペン先交換・調整 »