« Newインク! | トップページ | Ohtoと京セラの関係!? »

2008年3月 6日 (木)

フィッシャーボールペン1980年代?

今日は、商店街の古い文房具屋のデットストックをばしばし漁ってきました!

店長さんが不思議な目で見る中、奥の奥でおぉー!とか言いながら探して結局買ってきたのはこちら。

Dsc00001

アメリカのメーカー、フィッシャーのノック式ボールペンです。

しかし、中の芯が乾いてしまっていてかけない!

それに気づいた店長さんと自分は、その場で改造を…店長さん、好きですねぇ

まずペンの先の穴を千枚通しで広げました。これで国産のステンレスチップの芯が入ります。そしてその後、新しい芯を古い芯の長さに合わせて切る。

(実は切ると、インク漏れがしやすいそうです。インクの入っていない部分があることでインクの表面が安定しているらしい)

Dsc00002 そしてバネを固定するためにセロハンテープを巻きます。

完成です。

書き味は普通です。当たり前ですが;

しかし、なんだかんだ言ってこだわりぬいたペン…。クリップが真ん中にあるのがまた面白い!

「ボールペン貸して?」とか言われたとき用にしようかな(笑

とかいいつつ愛用してしまいそうな予感が。。。

備考

使った芯。

Dsc00003 PILOTボールペンリフィル

 BPPF-EF-B

    \60

これを見て改造した結果起こる損害・怪我などの責任は一切取りかねますので、あくまで自己責任で!

|

« Newインク! | トップページ | Ohtoと京セラの関係!? »

コメント

デッドストック探し楽しいですよね。田舎だと結構投げ売りがあったりして。いつもコメントありがとうございます。

投稿: Koushi | 2008年3月 6日 (木) 23時27分

>>Koushiさん

コメントありがとうございます。
はまっちゃうんですよね~、デッドストック探し;
あと、ビンテージ物の鉛筆も多数持ってますが、またの機会に紹介したいと思います。

投稿: kouki | 2008年3月 6日 (木) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107705/11025635

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシャーボールペン1980年代?:

« Newインク! | トップページ | Ohtoと京セラの関係!? »