« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

スクールペンクリ第二号!

Ts3d0006 本日の患者さんは、シェーファーのカリグラフィーペン。

イタリックFニブと書かれていました。

ブラウンのカートリッジを使って楽しんでるみたいです。

この前の中国製のわけの分からない万年筆(失礼!)よりはずいぶんとランクアップしたペンです;

責任重大!?

で、依頼者の相談内容ですが、ざらつきがきになるということでした。

今回はスリットはいじらずにイリジウムを八の字でちょっと磨くことにしました。

ただ、依頼人は左利き!

左手でペン先を自分のほうに向けて書く人なので自分も試してみながらゆっくり削っていきました。

この前のようにテレホンカードで粗く削ることはためらわれたので、メモ帳の表紙でごしごし…

ざらつきはなくなり依頼者は喜んでました。

よかったよかった。壊さなくて良かった!

Dsc00056 おまけ

使いやすくなったらしくこんな紙をプレゼントされました

拡大してご覧ください。

The art of writing

rotring

parker

steadtler  montblanc

と書いてありますねぇ

きれい。。。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年2月24日 (日)

ペンコーディネート?

  Dsc00050_2

ジーパンにはパーカーが似合う気がします。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

萬年筆研究会【WAGNER】裏定例会

Wagnerの裏定例会へ出席してきました。

Dsc00058 モンブラン(白星ではないほうですよ)やシュークリームやエクレアなど各種のケーキが…

とてもおいしかったです。…というか、今日ブログ用に撮った写真、これしかありませんでした;

本日リンクに追加しますが、http://stationery.asablo.jp/の管理人さんと話し込んでいましたので(笑

そして今日もペンの調整をお願いしてきました。オークション物のFnibのParker45を太くしてもらい、MからBの中間ぐらいのnibになり、とても満足!

なにか派手なインクをいれて楽しみたいところです。Dsc00056

ですが、今はオレンジのインクなどは持っていないので…。。。

あんまり声を大きくしてはいえないのですが(wagnerの方々に怒られちゃうかもしれませんので

…手元にあったパーカーのブルーブラックと赤を半分半分コンバーターで吸って、軽く撹拌したオリジナル紫インクを作ってみました 

ああー、まぁ、大丈夫です。詰まっても分解掃除します!

Dsc00057_2

それでは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

学校で突如はじまったペンクリ

Dsc00055 自分と同じクラスのある人に、インクを詰まらせた万年筆の修理を依頼されました。

Beifaという中国メーカーの鉄ペン(詳細不明)です。

青色の明るい色の軸に銀色のペン先がなんとなくいいペン。

どのぐらいかと思ってみてみると、ペン先に強くチカラをかけてスリットを開いてみてもまったくインクがおちてこない状態。

Dsc00056 正直、ペン先も汚い…;

まずカートリッジをはずして水洗い。

カートリッジはヨーロッパ互換のタイプでした。よかったよかった。

水洗いをするための何か容器を探すとこんなものしかありませんでした。

Dsc00057 …隣でクリームパン食ってるやつからもらってきました。

パンのケースです。(もちろん洗ってから使いました)

パンのケースに水を張って、首軸を洗ってみるとやっぱり真っ黒になりました。

まぁ、しっかり落ちてよかったという気もしますが。

さて落としたら適当にふき取って、インクつめますか。

とにかく突然で初めてのペンクリ(とはまだまだ呼べないとおもいますが)、道具なんてぜんぜんありません。

インクがヨーロッパ互換でよかった~

自分用の(ボトルインク使っていますが、予備で持ち歩いている)モンブランのカートリッジがちゃんと入りました。

Dsc00059 モンブランのブルーブラックインク。なかなか渋い色を入れてしまいました。依頼主には似合うと思えない色でしたが…

デルタのオレンジっぽい系統のインクとかがよかったなぁ

ともあれ、しっかりカートリッジも入れたところで、ペン先も軽く調整しておきますかね。

細字のペン先であることは確か(刻印なかったんですけど)なのでとりあえずスリットをちょっと開いてフローをよくして、すらすら書けるようにすることにしました。

ある程度フローいいほうが、もしかしたら詰まりにくいかもしれませんし(依頼主がどんな頻度で使ってるか知りませんけど)

でも、スキマゲージとか持っていないので、こんなことしてみました。

Dsc00058_2 テレホンカードでスリット開き!

こんなことして効果があるから不思議;

そしてこの後、テレホンカードの上で8の字書きをして若干削って確認、削って確認を繰り返してちょうどいい具合にしました。(できちゃいました)

なんだかざらざらした感覚もあったので、メモ帳の始めのページの透明なフィルムでも8の字書きをしてすらすら書けるように。

適当な調整の結果、ずいぶんとよくなりました。

依頼主は特になにも考えず万年筆を使っていたようなので、インクの入れ方、掃除の仕方、そして今日のペンクリの内容をメモにして一緒に渡しておきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

文具の修理に役立ちそう…

この前、文具屋でパステというシートを見つけました。

Dsc00042

このパステというシートは純金箔のシートで、いろいろな素材に貼り付けることができるそう。

いろんなものが金加工できるようになっちゃいました;

ペンのクリップ部分なんかもきっと修復できるはず。。

楽しみな限りです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/nmurata/paste/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

モンブラン PIXペンシル no.36

Dsc00038 前回、wagnerに行ったときにいただいたモンブランのPIXペンシルです。

PIXペンシルは太目のシャーペンとでも言えば分かりやすいと思います。

これは、1,18mmの芯を使っています。

太目のシャーペンは軽いメモ書き、走り書き、殴りがき(!?)までできて便利です。

また絵を描くときにも使えるでしょう。

ただ今、1.18mmの芯は滅多にないので(銀座のユーロボックスさんなんかだと置いてますが;)近所で買える店を捜索中です!

…もしかしたら2.0mmの芯ホルダー芯を削り器改造すれば、1.18にできるかも!?

そんなことも考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

萬年筆研究会【WAGNER】 第26回定例会

今日は

萬年筆研究会【WAGNER】 第26回定例会

に出てきました。

写真など後でアップします。師匠にメインのマイシュターシュテックを引っかかり少なく調整してもらいました。

あと、モンブランのコレクションが二つ増えたりなど…

今回もためになりました。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ペンの名前が出てきちゃう歌

Acrylic The Courteeners

http://www.youtube.com/watch?v=SBT5WwtE-v8

歌詞――――――――――
I'm gonna gather my thoughts on a notepad,

俺はノートに散らばった思想かき集め

with a Parker Pen and write you a letter,but
パーカーのペンで手紙を書く、でも

以上小ネタでした。

http://www.parkerpen.com/jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

特製雪だるま?

今日、うちのあたりはが降りました。。

寒さでペン先が結露したり、インクフローが変わったりとか弊害ももしかするとあるかもしれませんが、とりあえず雪だるま作ってみました。

Dsc00024

ただ作ってもしょうがないので、帽子と腕を…

もうお気づきでしょうか?

このブログのためにつけた腕の部分…ごらんあれ!

Dsc00025

はい。パーカーのインシグニアで作りましたー。

もったいない;

向かって右― パーカーインシグニアサテンGTボールペン

向かって左― パーカーインシグニアサテンCTペンシル

撮影後はスタッフ(自分)がしっかりふき取りました。

と。

http://www.pen-house.net/pen/parker/125352.htm

http://www.pen-house.net/pen/parker/125362.htm

=================

写真の大きさの問題がありましたが、写真サイズを小さくする/スクロールバーをつけるなどの対策をいたしました。ご意見ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

パーカー75 グレンドルチュ シルバープレート

さて、今日はフリーマーケットに行ってきました。

フリーマーケットだと偽物などが出てくる確率も高いのですが、ヴィンテージのペンなどが掘り出し物で出てくることも!

今日、一本だけ買ってきたのはパーカーのボールペン。(万年筆は置いていませんでした)

Dsc00018 銀座伊東屋の店員さんに聞いたところ、parker75の"Gran d orge"というモデルだそう。本物です。

ボディーは細かな装飾が施されたシルバーにロジウム鍍金。

¥1500で売っていただきましたが、大当たりといったところでしょうか。

参考文献

http://www23.addr.com/~parker75/Reference/Grain_d_Orge/Grain_d_Orge.htm

http://www.vintagepens.com/catill_Parker_UK.shtml

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »